2018.07.08

デビューが待ち遠しい! 超良血・
シェーングランツに世界中から熱視線

  • 河合力●文 text by Kawai Chikara

厳選!2歳馬情報局(2018年版)
第7回:シェーングランツ

 日本はおろか、世界中の競馬ファンから注目されている2歳馬がこの夏、まもなくデビューを迎えようとしている。

 美浦トレセン(茨城県)の藤沢和雄厩舎に所属するシェーングランツ(牝2歳/父ディープインパクト)だ。

ソウルスターリングの半妹シェーングランツ 母はフランス生まれのスタセリタ。現役時代にヨーロッパやアメリカでGI6勝を挙げ、世界の競馬ファンなら知らない者がいないほどの、稀代の名牝である。

 そして、父は今や世界でも注目される日本屈指の種牡馬ディープインパクト。日本で種牡馬リーディングを独走し続けて、近年では同産駒がヨーロッパのGIでも目覚しい活躍を見せている。

 たとえば、アイルランドの名門エイダン・オブライエン厩舎が管理するサクソンウォリアー(牡3歳)は、昨年ヨーロッパでデビューして無敗のままGI2勝を挙げている。そのひとつは、イギリスのクラシックであるGI2000ギニー(イギリス・芝1600m)だった。

 その後、GIイギリスダービー(イギリス・芝2400m)では1番人気に支持されたが、惜しくも4着に敗れた。

 さらに、フランス調教馬のスタディオブマン(牡3歳)は、フランスのダービーとなる今年のGIジョッケクルブ賞(フランス・芝2100m)を制覇。日本ダービーを制したワグネリアンを含め、今春のクラシックでは、まさに世界中でディープインパクト産駒が旋風を起こしたのである。