2018.05.27

気鋭の種牡馬×名牝シーザリオ。
サートゥルナーリアは、すごい評判!

  • 河合力●文 text by Kawai Chikara

厳選!2歳馬情報局(2018年版)
第1回:サートゥルナーリア

 2018年のGI日本ダービー(東京・芝2400m)が終わると、早くも来週からは2019年のダービーを目指す、新たな戦いが始まる。

 熾烈な争いに挑むのは、2016年生まれの2歳馬たち。次週から1年後の春の大舞台に向けて、続々とデビューしていくこととなる。

 その注目の2歳戦線において、前評判の高い"大物候補"がさっそく初陣を迎えようとしている。栗東トレセン(滋賀県)の角居勝彦厩舎に所属するサートゥルナーリア(牡2歳/父ロードカナロア)である。

シーザリオの仔とあって、注目度が高いサートゥルナーリア 母シーザリオは、現役時代はもとより、さらに繁殖生活に入ってからも、破格の活躍を見せてきた名牝中の名牝だ。

 現役時代は、2005年にGIオークス(東京・芝2400m)を制して世代の頂点に立つと、果敢にアメリカ遠征を敢行。GIアメリカンオークス(アメリカ・芝2000m)に挑んだ。

 そして彼女は、なんとアメリカのこの舞台でも2着に4馬身差をつける圧勝劇を披露。日米の"女王"になったのである。

 その後、ケガによって、惜しくもこのレースを最後に現役からは退いたが、繁殖牝馬になってからも、彼女の輝きが衰えることはなかった。