2018.03.31

ドバイ後半2レース。勝ち馬は
見えたから、このヒモでザクザク稼ぐ!

  • 土屋真光●文・写真 text & photo by Tsuchiya Masamitsu

 レースを目前に控えたドバイは、昨年の雨続きとは打って変わって、好天が続いている。灼熱とまではいかないものの、日中の日差しはかなり強い。前日も芝、ダートともにかなりの散水が行なわれる見込みだ。

 シーマクラシック(メイダン・芝2400m)には日本から3頭が出走する。そのいずれもが、昨年のGI勝ち馬。日本ダービーを制したレイデオロ(牡4歳/父キングカメハメハ)に、宝塚記念を勝ったサトノクラウン(牡6歳/父マルジュ)、エリザベス女王杯を勝ったモズカッチャン(牝4歳/父ハービンジャー)という面々だ。3頭いずれも順調にドバイでの調整が進められており、本番に向けて不安材料はない。

あえて挙げるとすれば、レイデオロについては折り合い面だろう。遠征前のひと叩きとして休み明けで出走した京都記念(2月11日/京都・芝2200m)は、相手に敗れたというよりは折り合いを欠いて自滅した格好だった。今回は主戦のクリストフ・ルメール騎手に戻ることと、一度使われたことでうまくガス抜きができていることで、そのあたりは解消されると思われる。しかし、初ナイター、スタンド前発走でスイッチが悪いほうに入ってしまう懸念は拭いきれない。

海外ブックメーカーで1番人気はクロスオブスターズ また、相手関係もラクではない。何といっても昨年の凱旋門賞(10月1日/シャンティイ・芝2400m)2着のクロスオブスターズ(牡5歳/父シーザスターズ)は一番の難敵で、さらに前哨戦ドバイシティオブゴールド(3月10日/メイダン・芝2400m)をレコードで制したホークビル(牡5歳/キトゥンズジョイ)も侮れない。

 ブックメーカー各社ではクロスオブスターズが1番人気で、レイデオロとポエッツワード(牡5歳/ポエッツヴォイス)が並んで2番人気、その次にサトノクラウンとホークビルが続いて、以下、アイダホ(牡5歳/父ガリレオ)、モズカッチャンの順の評価となっている。