2018.02.17

高配当の出るフェブラリーSは
「砂嵐を呼ぶ4頭」を馬券に組み込め!

  • 土屋真光●文 text by Tsuchiya Masamitsu
  • photo by Spots Nippon/Getty Images

 今年最初のGIレース、フェブラリーS(東京・ダート1600m)が2月18日に行なわれる。

 過去10年における1番人気の戦績は、4勝、2着1回、3着3回、着外2回。比較的安定した結果を残しているが、3連単は万馬券が8回、そのうち3回は10万円を超える高配当となっており、波乱含みのレースである。

 また、現在のダート路線は、中央、地方合わせてGI通算11勝のコパノリッキーが引退するなどして、世代交代の波が一気に押し寄せ、非常に混沌とした状態にある。言い換えれば、どの馬が勝ってもおかしくなく、人気の盲点をうまくつけば”オイシイ馬券”をゲットできる可能性が大いにあるのだ。

 日刊スポーツの松田直樹記者も、まずは最近のダート戦線が「過渡期にある」ということを指摘する。そのうえで、今年のレースの傾向については次のように語った。

「(ダート戦線は)ちょっと前まで幅を利かせていた7、8歳世代が、さすがに下降線をたどりつつあります。GI3勝のサウンドトゥルー(せん8歳)は自慢の末脚に少しずつ陰りが見え始め、アウォーディー(牡8歳)の先行力にも年齢的な衰えを感じます。

 そうした状況にあって、今年のフェブラリーSでは世代交代が完全に遂行されるのではないか、と個人的には見ています。

 過去5年の連対馬10頭のうち、8頭が4、5歳馬で占められているように、そもそもフェブラリーSは若い馬のためのレース。そして今年も、昨年挙げた2勝がどちらもGIという5歳馬の”大砲”ゴールドドリーム(牡5歳)をはじめ、魅力的な4、5歳馬がたくさんいますから」