2017.12.23

有馬記念のキタサンは過剰人気。
「ヒモ穴」ルージュバックが賢い作戦だ

ダービージョッキー
大西直宏が読む「3連単のヒモ穴」

 今年も有馬記念(中山・芝2500m)がやってきました。

 毎年触れているように、「ホースマンの夢」である日本ダービーが、競馬関係者にとって最大目標のレースとなりますが、馬券を買うファンにとっては、1年の「総決算」となる有馬記念こそ、最も勝ちたいレースであり、このレースに勝って気持ちよく1年を締めくくりたいのではないでしょうか。

 普段は馬券を買わない方々も注目する”ドリームレース”。まさしく師走の風物詩と言えますね。

 ただ今年は、有馬記念のあとにも競馬開催日があって、しかもGIレースが組まれているため、少し拍子抜けの感があります。反面、有馬記念で今年の競馬が終わるわけではないので、例年とは違って「これが最後……」というプレッシャーを感じることなく、馬券を購入できるのではないでしょうか。

 やはり、1年最後の馬券は的中させて年を越したいもの。ゆえにこれまでは、その年の最後のGIである有馬記念においては、どうしても守りの馬券を買ってしまう方が多かったかもしれません。そういう意味では、今年は有馬記念のあとにGIがまだあるので、思い切った勝負ができそうですね。

 さて、今年の有馬記念(12月24日)。話題の中心は、ここでラストランとなるキタサンブラック(牡5歳)です。

 二冠馬ドゥラメンテと同世代で、故障に泣いた同馬に代わって、古馬王道路線を牽引してきました。人気も常に上位に推され、今年も大阪杯(4月2日/阪神・芝2000m)から前走のジャパンカップ(11月26日/東京・芝2400m)まで、出走したGI5戦すべてで1番人気でした。

 そして、今回の有馬記念のファン投票でも、2位サトノダイヤモンドに4万票以上の差をつける断トツの1位でした。これで、昨年の宝塚記念からグランプリレースのファン投票では4戦連続で1位を獲得。自他ともに認める”スターホース”と言えるでしょう。

 ただ、これだけの実績を上げて、人気に応える走りを見せているのですが、僕はどうしても「この馬は強い!」と思えたことがないんです。それがまた、この馬の強さなのかもしれませんが、”絶対的な強さ”というものはずっと感じていませんでした。枠順やペースなど、いつも何かに恵まれたレースをしているように見えてしまうんです。

 実際にこの秋も、出遅れて「万事休す」と思われた天皇賞・秋(10月29日/東京・芝2000m)では、インを突いたことが功を奏しましたが、あれは決して狙いどおりではなく、一か八かのギャンブルだったと思います。実力があるからこそできる芸当とはいえ、ラッキーだったことは間違いなく、”運”に恵まれた面が多分にあったことは確かでしょう(まあ、出遅れた”不運”とで相殺という見方もできますが……)。