2017.12.22

有馬記念に波乱あり。3頭の
「サンタ穴馬」から超万馬券のプレゼント

  • text by Sportiva
  • photo by Eiichi Yamane/AFLO

 年末の大一番となるGI有馬記念(12月24日/中山・芝2500m)。このレースでは、しばしば「名馬の引退」や「3歳馬と古馬の対決」といったトピックが話題となる。そして今年も、まさにその状況となった。

 GI6勝を挙げている”現役最強馬”キタサンブラック(牡5歳)がこの1戦で引退。そのラストランへの関心が日に日に高まっている。

 同時に、今秋のGI戦線では3歳馬が躍動。有馬記念には、GI日本ダービー(5月28日/東京・芝2400m)で2着となったスワーヴリチャード(牡3歳)が挑み、キタサンブラックをはじめ、GIジャパンカップ(11月26日/東京・芝2400m)を制したシュヴァルグラン(牡5歳)など、古馬一線級との対決が大いに注目されている。

 このように今年も見どころ満載の”グランプリレース”だが、競馬ファンにとってさらに興味をそそられるのは、「荒れるGI」であるということだ。2007年に9番人気で優勝したマツリダゴッホや、2015年に8番人気で戴冠を果たしたゴールドアクターは、その代表例だろう。

 また、過去10年の結果を見てみると、ふた桁人気で馬券圏内(3着以内)に絡んだ馬が延べ5頭もいる。有馬記念では、名馬の引退や名勝負といった感動のドラマも見られれば、スリルに満ちた”波乱”の物語を目の当たりにすることもあるのだ。

 そこで今回も、過去10年で穴を開けた激走馬をピックアップ。それらに類似する馬を探し出して、年末の一攫千金を狙ってみたい。