2017.11.16

マイルCSに「空前の穴馬が4頭いる!」
穴党記者が絶叫する馬名は?

  • 土屋真光●文 text by Tsuchiya Masamitsu
  • 三浦晃一●撮影 photo by Miura Koichi

 秋の「マイル王決定戦」となるGIマイルCS(11月19日/京都・芝1600m)。かつては、堅い決着で収まるレースとして有名だったが、過去10年で1番人気が勝ったのは2回だけ。しかも、2009年のカンパニーを最後に、2010年から7年もの間、1番人気の勝利はない。

 こうした傾向に加えて、日刊スポーツの松田直樹記者は「現在の日本マイル界には傑出馬が不在」だと言う。

「この春の安田記念(6月4日/東京・芝1600m)は、1着~5着までがすべてクビ差。9着までがコンマ5秒以内に収まる大接戦でした。『絶対王者』と言われたモーリスが引退してからは、マイル戦線に抜けた存在は出てきていません。そのモーリスを破ったロゴタイプも、安田記念で2着になったあと、先日引退を発表。春の『女王決定戦』となるヴィクトリアマイル(5月14日/東京・芝1600m)を制したアドマイヤリードも、目の外傷で戦列を離れてしまいました」

 まさに今年のマイルCSはまれに見る混戦模様。波乱ムードがプンプン漂っている。

 そんな状況にあって、デイリースポーツの豊島俊介記者は、人気を集めそうな面々の危うさを指摘し、自らの狙い目についてこう語る。

「絶対的な主役が不在のマイル路線。今回人気が予想されるイスラボニータ(牡6歳)やエアスピネル(牡4歳)は、GIで勝ち切れない面が気になります。『春のマイル王』サトノアラジン(牡6歳)も、展開や枠に左右されるタイプ。とすれば、今年はフレッシュな3歳馬狙い、という作戦が面白いと思いますよ」