2017.11.15

GI善戦マン返上へ。京都のマイルCSならば、
エアスピネルの出番どす

  • 平出貴昭●文 text by Hiraide Takaaki
  • photo by Yamane Eiichi/AFLO

 今週末11月19日、京都競馬場では3歳以上によるマイルGI・マイルチャンピオンシップ(芝1600m)が行なわれる。

 今年は2013年GI皐月賞馬イスラボニータ(牡6歳・栗田博憲厩舎)、今年のGI安田記念を勝ったサトノアラジン(牡6歳・池江泰寿厩舎)、GIスプリンターズSを連覇したレッドファルクス(牡6歳・尾関知人厩舎)、今年のGI桜花賞馬レーヌミノル(牝3歳・本田優厩舎)と、4頭のGI馬が出走を予定しているが、絶対的な存在の馬はおらず、混戦が予想される。

 そんななか、まだGI勝ちこそないが、このレースで悲願達成を大きく期待されるのがエアスピネル(牡4歳・笹田和秀厩舎)だ。

エアスピネルはマイル重賞を3勝。マイルCSで悲願のGI制覇となるか
 エアスピネルといえば、2歳時の走りが印象深い。阪神・芝1600mの新馬戦を2馬身差で快勝後、続くGIIデイリー杯2歳S(京都・芝1600m)も好位2、3番手から楽々と抜け出して3馬身半差で圧勝。その圧倒的な内容からクラシックの有力候補と目され、続くGI朝日杯フューチュリティS(阪神・芝1600m)では、武豊騎手のJRA GI完全制覇の記録達成の期待もあり、単勝オッズ1.5倍の圧倒的1番人気に推された。しかし、レースでは直線に入って満を持して先頭に立ったものの、ゴール寸前で1戦1勝馬リオンディーズの猛烈な追い込みに差され、3/4馬身差の2着に敗れている。