2017.10.28

大激戦の天皇賞・秋は「競馬を
嫌がらなくなった」マカヒキに復活気配

 少々話が逸(そ)れてしまいましたが、サトノクラウンは天皇賞・秋では2年連続で大敗を喫しています(2015年=17着、2016年=14着)。しかし今年は、過去2年とは状態も、状況も違うと思います。楽しみな1頭です。

 サトノクラウンと同じオーナーのサトノアラジンも、今年は安田記念を制して、前走の毎日王冠でも2着と好走。ひと皮むけた印象があり、素質馬が6歳になってようやく開花した感じがします。今は、折り合いもついて、終いはきっちり伸びてきます。前々走、前走からはさらに距離が延びますが、気性的にも大人になった今なら、心配はいらないでしょう。

 道中、そして直線に入ってからも不利がなければ、メンバー最速の上がりを繰り出すのはこの馬だと思います。安田記念に続いて、再び豪快な差し切り勝ちが見られるかもしれませんよ。

前走で復調へのきっかけをつかんだ感があるマカヒキ前走で復調へのきっかけをつかんだ感があるマカヒキ  さて、このレースの「ヒモ穴馬」ですが、4歳世代のダービー馬、マカヒキを取り上げたいと思います。

 近年では「最強レベル」と称されたこの世代。このマカヒキに、皐月賞馬のディーマジェスティ、菊花賞馬のサトノダイヤモンドと、まさに屈指の「3強」でした。しかし、この3頭とも今年はGI勝ちがありません。いろいろと理由はあると思うのですが、クラシック三冠で見せたそれぞれのパフォーマンスから考えれば、残念と言わざるを得ません。

 それでもマカヒキに関しては、最後まで一生懸命走っていた前走の毎日王冠(6着)で復活のきっかけをつかめたと思います。それまでのレースでは、何か競馬を嫌がっているような走りを見せていましたからね、変わり身が期待できます。

 昨秋、凱旋門賞に挑戦して14着と惨敗を喫したマカヒキ。以来、復調するまでにかなりの時間を要してきましたが、3歳時に海外遠征をするということは、それだけ大変なことなのでしょう。

「最強レベル」と言われた世代のダービーゆえ、万全であれば、アッと言わせてもおかしくありません。面白い存在だと思います。

大西直宏オフィシャルブログ>

大西直宏公式LINE@始めました。
元騎手の視点で馬券のヒントになる情報をお届け!
友だち追加で「@0024n」を検索!
下のQRコードを読み取って頂くことでも見られます。

■競馬 記事一覧>>