2017.10.27

天皇賞・秋は、うっかり見切りがちな
「人気薄3頭」で高配当の収穫祭

  • text by Sportiva
  • 三浦晃一●撮影 photo by Miura Koichi

 10月29日に行なわれるGI天皇賞・秋(東京・芝2000m)は、現役の有力馬がズラリと顔をそろえ、豪華なメンバー構成となった。

 ただし、それら実績馬の多くが、不安要素を抱えているのも事実だ。GI通算5勝と「現役最強馬」の呼び声高いキタサンブラック(牡5歳)は、今春のGI宝塚記念(6月25日/阪神・芝2200m)で圧倒的な1番人気に推されながら、まさかの9着惨敗。今回はそれ以来のレースとなり、どこまで復調しているのか、読めない部分が大きい。

 その宝塚記念を制したサトノクラウン(牡5歳)も、それ以来となるおよそ4カ月の休み明け。いきなりハイレベルなGIを制すだけの底力があるのか、やや疑わしい。また、大物感あふれるオークス馬のソウルスターリング(牝3歳)も、前走のGII毎日王冠(10月8日/東京・芝1800m)で8着と凡走。こちらも、そこからの一変があるのかどうか、微妙なところだ。

 そうした状況を踏まえれば、先週の菊花賞に続いて波乱があってもおかしくない。”荒れる”展開を想定して、穴馬探しに徹するのも悪くないだろう。

 そこで今回も、過去10年の結果を参考にして、波乱の立役者を探し出していきたい。

“大荒れ”は少ないこのレースだが、ここ10年の間にも7番人気以下の伏兵が馬券圏内に何度となく突っ込んできている。そのパターンで多いのが、GI実績がありながら、近走の不振で人気が急降下していた馬の復活劇だ。