2017.10.26

過去2年は度外視。天皇賞・秋は
サトノクラウンが道悪をスイスイ勝つ

  • 平出貴昭●文 text by Hiraide Takaaki  photo by AFLO

 今週末10月29日、東京競馬場では3歳以上馬によるGI天皇賞・秋(芝2000m)が行なわれる。

 秋の古馬中長距離GIの幕開けとなるこのレース。今年も多くの実績馬が揃い、キタサンブラック(ジャパンCなど5勝)、サトノアラジン(安田記念)、サトノクラウン(香港ヴァーズなど2勝)、ソウルスターリング(オークスなど2勝)、ネオリアリズム(クイーンエリザベス2世C)、マカヒキ(日本ダービー)、リアルスティール(ドバイターフ)、ワンアンドオンリー(日本ダービー)と、実に8頭ものGI馬が出走する。今回はその中から、春のグランプリホース、サトノクラウン(牡5歳/堀宣行厩舎)にスポットを当ててみよう。

春のグランプリ、宝塚記念を制したサトノクラウン
 同馬は2歳時のデビューから3連勝でGIII東京スポーツ杯2歳S(東京・芝1800m)、GII弥生賞(中山・芝2000m)を制したエリート。3歳クラシックのGI皐月賞は1番人気に推されながら6着、GI日本ダービーは3番人気で3着と敗れたが、4歳となった昨年に素質が開花した。2月にはGII京都記念(京都・芝2200m)で約11カ月ぶりの重賞勝ちを果たすと、暮れのGI香港ヴァーズ(シャティン・芝2400m)では前年の勝ち馬で、GI BCターフ(サンタアニタ・芝2400m)やGIキングジョージ6世&クイーンエリザベスS(アスコット・芝2400m)などを制していた名馬ハイランドリールを下し、GI初制覇を果たしている。