2017.09.29

スプリンターズSの穴は3パターン。
「まさにそれ!」が1頭ずついる

  • text by Sportiva
  • 三浦晃一●撮影 photo by Miura Koichi

 秋の「スプリント王決定戦」となるGIスプリンターズS(中山・芝1200m)が10月1日に行なわれる。

 昨年の覇者レッドファルクス(牡6歳)をはじめ、今春のGI高松宮記念(3月26日/中京・芝1200m)を制したセイウンコウセイ(牡4歳)に、昨年の同レースを勝ったビッグアーサー(牡6歳)、さらには重賞を含めて目下4連勝中のダイアナヘイロー(牝4歳)など、スプリント界の頂点を決めるにふさわしいメンバーがそろった。

 ただ、実力馬が集ったとはいえ、ズバ抜けた存在はいない。スプリント戦線は長らく混迷の時代が続いていて、前述した面々も絶対視はできない。ということは、思わぬ「伏兵馬」の台頭も十分に期待できるわけだ。

 ならば、馬券戦略においては、オイシイ配当を狙いたくなるのが人間の心理。そこで、過去10年の成績をもとにして、この舞台で波乱を起こしそうな「穴馬」を探してみたい。

 過去10年の結果を振り返ってみると、最初に目につくのが「牝馬の強さ」だ。10年で4勝を挙げており、馬券圏内の3着まで見れば、10年間で牝馬が延べ12頭もいる。

 しかも、その中には人気薄で飛び込んできた馬が結構いる。8番人気で3着となったカノヤザクラ(2009年)や、9番人気で3着に入ったウキヨノカゼ(2015年)、同じく9番人気で3着入線を果たしたソルヴェイグ(2016年)らがそうだ。

 また、そういう穴を開けた牝馬には、ちょっとした共通点がある。「夏の上がり馬」であることだ。