2017.06.05

ダービー馬レイデオロの全弟レイエンダ。
兄弟連覇の夢へ向けて好感触

  • 河合力●文 text by Kawai Chikara

 また、完成度が高いゆえに、デビューについてもかなり幅広い選択ができそうな様子。先述の山内氏はこう続ける。

「デビューについては、管理する藤沢和雄調教師の判断次第という感じで、いつでもいけそうです。気性面においても、きちんと我慢できて、落ち着いて走れるようになっているので、問題ないですね。あまり手こずらない馬です」

 このように、現時点の感触は申し分ないといったところ。あとは、藤沢調教師の手に委ねてデビューを目指すことになる。兄たちを手がけ、その1頭をダービー馬へと導いたトレーナーだけに、きっちりと育ててデビューを迎えることだろう。

 待ち受ける初陣へ向けて、英気を養うダービー馬の弟。兄と同様、ファンを沸かせる走りを見せることができるのか。デビューの日を楽しみに待ちたい。

■競馬 記事一覧>>