2017.05.15

オークスの行方がついに見えた!
「3歳牝馬ランキング」最終版を発表

  • text by Sportiva
  • photo by Murata Toshiyuki

2017年3歳クラシック
Sportivaオリジナル番付(牝馬編:第5弾)

 牝馬クラシック第1弾のGI桜花賞(4月9日/阪神・芝1600m)は、思わぬ結果となった。前哨戦のGIIIチューリップ賞(3月4日/阪神・芝1600m)を快勝し、「死角なし」と見られていた2歳女王ソウルスターリング(牝3歳/父フランケル)が敗戦。直線で伸びあぐねて3着に沈むという、大番狂わせが起こったのだ。

桜花賞を制したのは8番人気のレーヌミノルだった 波乱のレースを制したのは、8番人気のレーヌミノル(牝3歳/父ダイワメジャー)。ソウルスターリングを引き離し、2着リスグラシュー(牝3歳/父ハーツクライ)の追撃も半馬身差振り切った。終わってみれば、昨年のGI阪神ジュベナイルフィリーズ(2016年12月11日/阪神・芝1600m)の上位3頭の着順が逆になっただけ、という結果だった。

 続いて、迎えるのは牝馬クラシック第2弾となるGIオークス(5月21日/東京・芝2400m)。トライアル戦では、GIIフローラS(4月23日/東京・芝2000m)をモズカッチャン(牝3歳/父ハービンジャー)が、オープン特別のスイートピーS(4月30日/東京・芝1800m)はブラックスビーチ(牝3歳/父ディープインパクト)が制した。

 これらの結果を受けて、2017年3歳牝馬の最終『Sportivaオリジナル番付()』を発表したい。なお、当然ながらオークスに向けての評価に特化したものゆえ、オークスに出走しない馬は番付から除外している。
※『Sportivaオリジナル番付』とは、デイリー馬三郎の吉田順一記者、日刊スポーツの木南友輔記者、独自なデータを駆使するパソコン競馬ライターの市丸博司氏、フリーライターの土屋真光氏、Sportiva編集部競馬班の5者それぞれが、今回はオークスに挑む3歳牝馬の、現時点における実力・能力を分析しランク付け。さらに、そのランキングの1位を5点、2位を4点、3位を3点、4位を2点、5位を1点として、総合ポイントを集計したもの。