2016.07.04

オークス2着チェッキーノの弟ラボーナ、華麗な足さばきで走る

  • 河合力●文 text by Kawai Chikara

 それどころか、ルーラーシップの母は、GI2勝(オークス、天皇賞・秋)を挙げた“女傑”エアグルーヴ。極上の血統を持つ新種牡馬ゆえ、父が変わったことが逆に、プラスに働く可能性もあるだろう。

 ラボーナのデビューは現在、8月の札幌開催の新馬戦が濃厚と言われている。そこでは、育成時代よりも数段パワーアップした姿が見られるに違いない。山内氏が続ける。

「兄のコディーノは、この時期に体がカチッとしていましたが、ラボーナはゆったりしている分、伸びしろが相当ありそうです。育成も順調にこなしてきましたし、デビューが楽しみですね」

 同馬が所属するのは、藤沢和雄厩舎(美浦トレセン/茨城県)。兄姉も管理したチームのもと、すでにゲート試験に合格。デビューに向けて着々と準備を整えている。

 ひとつ上の姉チェッキーノらとともに、まだ兄姉が果たしていないGIの栄冠獲得を目指すことになるラボーナ。まもなく迎える初陣でどんな走りを見せてくれるのか、注目したい。

●競馬記事一覧>