2016.03.27

皐月賞まであと3週間。「3強」の中で最も強いのはどの馬か

  • text by Sportiva
  • photo by Murata Toshiyuki

 3位は、前回トップだったサトノダイヤモンド。きさらぎ賞以降出走はなく、減点要素はなかったものの、高いパフォーマンスを見せた弥生賞組の上位2頭に食われた印象だ。

市丸氏

「TF指数の数字上では、弥生賞の1、2着馬がサトノダイヤモンドより上、という形になっていますが、この時期の3歳馬は1カ月もあればかなりの成長を見せます。弥生賞の1カ月前に行なわれたきさらぎ賞で高い指数をマークしたサトノダイヤモンドが、それからも順調に成長していれば、現実的には弥生賞組より上、と判断すべきかもしれません」

木南氏

「2戦目で破ったのが、チューリップ賞4着のクィーンズベスト(牝3歳)、若葉S2着のナムラシングン、スプリングS2着のマイネルハニーと、今振り返ってみれば、かなりの好メンバー。ルメール騎手が自信を持っていますし、その潜在能力は計り知れません。懸念材料は、きさらぎ賞から直行、というローテーションぐらいです」

 4位は、エアスピネル。ハイレベルだった弥生賞で3着と好走し、再びランクインを果たした。

土屋氏

「弥生賞では、上位2頭に完全に水をあけられての3着。懸念されていたように、距離の壁がありそうです。それでも、立ち回りの巧みさは“3強”相手にも引けをとらないでしょう。“3強”が後方でけん制し合う中、うまく好位から抜け出すことができれば、皐月賞でもチャンスが巡ってくるかもしれません」