2016.03.25

有力馬回避、逃げ馬だらけで大混戦の高松宮記念を制するのは?

  • 土屋真光●文 text by Tsuchiya Masamitsu   photo by Yamane Eiichi/AFLO

 人気でミッキーアイルに続きそうなのが、アルビアーノ(牝4)だ。初の1200m出走となった前走のオーシャンSでは、出遅れて流れに乗れなかったうえに、直線では前が塞がる不利。それでもメンバー中最速の上がりタイムで5着にまで追い込んだ。もともとデビュー当初は、スピードの違いで先行策をとっていたほどで、短い距離に不安はない。また、昨秋のGIIスワンステークス(2015年10月31日/京都・芝1400m)では、初対戦となった古馬一線級相手にまったく臆することなく差し切り勝ちと、スケールの大きさを見せた。鞍上は今回がコンビ2戦目となるルメール騎手で、前回の反省点も調整してくるはず。

 波乱には牝馬がつきものだが、今回、アルビアーノを含めて4頭の牝馬が出走を予定しており、他の3頭もそれぞれに一発を秘めている。

 ウリウリ(牝6)は先述したように、昨年同じコースのCBC賞を勝利。ディープインパクト産駒としてこの距離で初めての重賞勝利となった。全弟は今年の皐月賞(中山・芝2000m)でも本命の一角とされているマカヒキと、血統全体が勢いに乗っている点も見逃せない。

 ウキヨノカゼ(牝6)は昨秋のGIスプリンターズステークス(2015年10月4日/中山・芝1200m)で、低評価ながら後方から猛然と追い込んで3着となった。荒れた馬場はプラスではないものの、差し合いになれば浮上してきそうな1頭だ。