2016.02.19

3歳牝馬「絶対女王」メジャーエンブレムを脅かす存在はいるのか

  • text by Sportiva
  • photo by Murata Toshiyuki

 市丸博司氏(パソコン競馬ライター)
「クイーンCに2歳女王が出走してきて、しかも優秀なタイムでぶっちぎってしまうなんて、普通の年ではありえないこと。しかも、同レースで史上まれに見るハイペースを作って圧勝。桜花賞の前の時点で、3歳牝馬が出したタイムフィルター指数(※市丸氏が独自に編み出したデータ指数)としては、ブエナビスタがチューリップ賞で出した指数を上回り、過去最高となりました。

 現状、昨秋のアルテミスS(デンコウアンジュの2着)のときのようにスローの逃げに持ち込むと、持ち味が生きないと思われます。平均以上のペースで、気分よく逃げるのが理想でしょう。問題を挙げるとすれば、内枠に入って、強引に競りかけてくる馬がいたときにどうなるか。あと、極端な距離延長は望ましくないでしょう。逆に言えば、そのくらいしか不安点がないということ。桜花賞までは安泰だと思います」

土屋真光氏(フリーライター)
「馬場や展開など条件がはまったとはいえ、自らハイペースを作って、後続に何もさせずにぶっちぎった内容は、改めてレベルの違いを感じました。しかも、目いっぱいの仕上げだった阪神JFとは異なり、今回は先を見据えての余裕残しでの結果でした。ここからさらに上積みがあるとすれば、桜花賞では生半可な馬では太刀打ちできないと思います」