2016.01.22

リオンディーズにハートレー…。3歳牡馬戦線は「超」ハイレベル

  • text by Sportiva
  • photo by Kyodo News

2016年3歳クラシック
Sportivaオリジナル番付(牡馬編:第2弾)

 昨年末の12月20日、2歳牡馬チャンピオンを決めるGI朝日杯フューチュリティS(阪神・芝1600m)が行なわれた。勝ったのは、新馬を勝ち上がったばかりのリオンディーズ(牡3歳/父キングカメハメハ)。スムーズな競馬から絶妙な抜け出しを見せた1番人気のエアスピネル(牡3歳/父キングカメハメハ)を、あっさりと差し切るという衝撃的な強さを披露した。

朝日杯FSを制して2歳王者に輝いたリオンディーズ また、その翌週には牡馬クラシック第1弾の皐月賞(4月17日/中山・芝2000m)と同じ舞台でGIIホープフルS(12月27日)が行なわれ、こちらも1勝馬のハートレー(牡3歳/父ディープインパクト)が快勝。GIII新潟2歳S(2015年8月30日/新潟・芝1600m)を圧勝した1番人気ロードクエスト(牡3歳/父マツリダゴッホ)をねじ伏せた。

 さらに年が明けて、1月10日にはGIIIシンザン記念(京都・芝1600m)が、1月17日にはGIII京成杯(中山・芝2000m)が行なわれた。今回は、これらの結果と経過を踏まえて、牡馬クラシック戦線を占う3歳牡馬の『Sportivaオリジナル番付()』を発表したい。
※『Sportivaオリジナル番付』とは、デイリー馬三郎の吉田順一記者、日刊スポーツの木南友輔記者、独特なデータを駆使するパソコン競馬ライターの市丸博司氏、フリーライターの土屋真光氏、Sportiva編集部競馬班の5者それぞれが、今春のクラシックを目指す3歳牡馬の、現時点における実力を分析しランキング付け。さらに、そのランキングの1位を5点、2位を4点、3位を3点、4位を2点、5位を1点として、総合ポイントを集計したもの。

「正直、今年の3歳牡馬は超ハイレベル。こんな年もあるのでしょう。それだけに、各実力馬が互いに傷つけ合うことなく、またダービーで燃え尽きてしまうこともなく、ぜひ古馬相手の宝塚記念(6月26日/阪神・芝2200m)にも向かってほしいと思います」

 日刊スポーツの木南友輔記者がそう絶賛するほど、高い次元で激戦となっている3歳牡馬ランキングは以下のとおり。