2015.11.27

【競馬】10年ぶり制覇なるか。JCはこの外国馬が不気味で怖い

  • 土屋真光●文 text by Tsuchiya Masamitsu
  • 沢田康文●撮影 photo by Yasufumi Sawada

世界が注目! ジャパンカップ有力馬プレビュー(4)

 世界中から注目を集めるGIジャパンカップ(東京・芝2400m)が、11月29日に開催される。

 2006年から連勝し続けている日本調教馬は、今年もGIウイナー5頭を擁する陣容。連勝記録をさらに伸ばせる面子はそろっている。ただ、今年の日本の中距離路線は、宝塚記念(6月28日/阪神・芝2200m)、天皇賞・秋(11月1日/東京・芝2000m)と、ふたつのGIを制したラブリーデイ(牡5歳)が一気にブレイクしたものの、例年に比べてやや活気に欠け、メンバーの質自体に疑問を持つ声もある。

 そこで、「今年こそ」と注目したいのが、4頭の海外招待馬勢だ。世界最高峰のレースである凱旋門賞(ロンシャン・芝2400m)で2年連続2着という成績を残して、今年最大の目玉と見られていたフリントシャー(牡5歳/フランス)の来日は実現しなかったが、海外でのGI実績豊富な、粒ぞろいのメンバーが参戦。日本勢の地力が疑問視されている今回、10年ぶりに外国馬が頂点に立つ可能性は十分にある。

デビューから4連勝でGIパリ大賞を制したイラプト。凱旋門賞でも5着と奮闘した。 なかでも注目したいのは、フランスのイラプト(牡3歳)。今年の7月に行なわれた3歳GIのパリ大賞(7月14日/ロンシャン・芝2400m)を、デビューから4戦無敗で制した実力馬だ。

 その後、凱旋門賞のステップレースとなるGIIニエル賞(9月13日/ロンシャン・芝2400m)では4着に敗れて、連勝はストップ。続く大一番の凱旋門賞(10月4日)でも5着にとどまったが、一昨年、昨年と凱旋門賞連覇を飾った女傑トレヴ(牝5歳/フランス。4着)とは1馬身半差と、力のあるところは示した。