2015.06.29

【競馬】ハープスターの妹「リュラ」。名伯楽の花道を飾れるか

  • 河合力●文 text by Kawai Chikara

厳選!2歳馬情報局(2015年版)
第5回:リュラ

 華麗な追い込みを武器にして、多くのファンを魅了したハープスター(牝/父ディープインパクト、母ヒストリックスター)。2014年のGI桜花賞(阪神・芝1600m)を制し、同年の凱旋門賞(フランス・芝2400m)にも挑戦(6着)した”才女”は今春、負傷によって現役生活を退くこととなった。彼女の代名詞とも言える、強烈な末脚がもう見られないのは、非常に残念でならない。が、今年デビューを迎える2歳馬の中に、彼女が果たせなかった夢を託された、妹がいる。

 リュラ(牝2歳/父ステイゴールド、母ヒストリックスター)である。

姉のハープスター以上の活躍が期待されるリュラ。 ハープスターは、種牡馬リーディングのトップを保持し続けるディープインパクト産駒。対して、リュラの父はステイゴールドとなる。その産駒は、オルフェーヴルやゴールドシップといった気の強い子どもたちが多いが、リュラにもそういった面は出ているのだろうか。

 育成を担当したノーザンファーム早来の日下和博氏は、その点についてこう語る。

「(リュラは)姉のハープスターとは明らかにタイプが違って、なかなか気が強いところがあります。でもそれは、許容範囲です。それに、姉は育成の段階から調教でズルさを見せていましたが、リュラはかなり前向きに調教をこなしています。その辺は、姉よりもいいですね」