2015.05.08

【競馬】NHKマイル、3連勝牝馬アルビアーノは主役を張れるか?

  • 土屋真光●取材・文 text by Tsuchiya Masamitsu
  • photo by Nikkan sports

 3歳マイル王決定戦のGI・NHKマイルカップ(東京・芝1600m)が5月10日に行なわれる。今年で節目となる20回目。このレースをきっかけに飛躍した馬も少なくなく、2011年は3着だったリアルインパクトが続く安田記念(東京・芝1600m・GI3歳以上)を3歳馬として初めて制覇し、今年の春にはオーストラリアでGI勝利も果たした例もあるように、クラシック(※)ではないが、興味深い一戦となりそうだ。
※牝馬戦線=桜花賞(阪神・芝1600m)、オークス(東京・芝2400m)。牡馬戦線=皐月賞(中山・芝2000m)、ダービー(東京・芝2400m)、菊花賞(京都・3000m)

 ここまでの春のクラシック、牝馬の桜花賞、牡馬の皐月賞で戦前の話題を集めていたのは、ともに無敗馬の存在だった。そして今週のNHKマイルカップでも、無敗馬が、主役の一頭として注目を集めている。3戦3勝で牝馬限定GIII・フラワーカップ(3月21日/中山・芝1800m)を制した外国産馬アルビアーノ(牝3、木村哲也厩舎 父Harlan’s Holiday)だ。一時は桜花賞やオークスの有力候補に数えられたが、矛先を3歳マイル王決定戦に絞ってきた。

フラワーカップを快勝、3戦3勝のアルビアーノ。有力馬の1頭だ

 アルビアーノは年が明けてすぐの1月5日の新馬戦(中山・芝1600m)でデビュー。常に余裕残しで、楽に逃げ切って、ここまで連勝を伸ばしてきた。すでに2戦目の500万下条件戦(2月15日/東京・芝1400m)で、今回より短い距離ではあるが、東京コースも経験済み。続く3戦目のフラワーカップも、初の1800mをまったく意に介さないかのレースぶりで、後続を寄せ付けずに勝利している。