2014.12.19

【競馬】朝日杯FS。偉大な兄たちに続くか、アッシュゴールド

  • 土屋真光●文 text by Tsuchiya Masamitsu
  • photo by Nikkansports

 先週の2歳牝馬女王決定戦・阪神ジュベナイリフィリーズに続き、今週は2歳牡馬チャンピオンを決める朝日杯フューチュリティステークス(阪神競馬場、芝1600m)が行なわれる。1949年に創設以来、これまで一貫して中山競馬場で行なわれていたが、今年から装いも新たに阪神競馬場で開催されることとなった。枠順によるバイアスが強かった中山競馬場の1600mに比べ、阪神ではその差が少なく、実力馬が力をあますことなく発揮できる舞台とされている。

 この、新装なった2歳GIで注目を集めているのが、超良血馬アッシュゴールド(牡/池江泰寿厩舎)だ。

池添騎手を背に追い切るアッシュゴールド(右)

 父ステイゴールド、母オリエンタルアートという血統は、8年前にこのレースを勝ち、後に宝塚記念、有馬記念の両グランプリを制したドリームジャーニー、そして3年前の三冠馬で、2度に渡って凱旋門賞で2着となったあのオルフェーヴルとまったく同じ。つまり、この2頭の全弟にあたる。華麗なる血統に加え、ちょうど昨年末、全兄オルフェーヴルが圧巻のパフォーマンスで有馬記念を制したのを置き土産に引退し、その記憶がまだ鮮烈で、両全兄と同じく池江泰寿厩舎所属ということからも、デビューのかなり前からすでに、今年の2歳馬の中でも最も大きな注目を集めていた馬と言っても過言ではない。

 デビュー前の評判が高い馬でも、実際にデビューして活躍するのは簡単なことではない。それだけに、世代最初のGIレースに駒を進められたことから、俄然期待が高まるのも当然だろう。