2014.04.14

【競馬】皐月賞目前。安藤勝己が選定する「3歳牡馬番付」

  • 新山藍朗●構成 text by Niiyama Airo

ドラマチック春競馬(8)

前哨戦となる弥生賞ではトゥザワールド(左)がワンアンドオンリー(右)をハナ差振り切った。photo by Nikkan sports「混戦」と言われる今年の牡馬クラシック戦線(皐月賞→ダービー)。昨年末に行なわれた2歳GI朝日杯フューチュリティS以降、クラシックにつながるステップレースの勝ち馬がすべて異なっているのが、その要因だ。しかも、有力各馬は安定したレースを重ねて底を見せていない。素人目には、どの馬がいちばん強いのか、まったく見当もつかない。そこで今回、馬を見る目が確かな元ジョッキーの安藤勝己氏に、有力3歳牡馬の能力分析を依頼。安藤氏独自の視点で「番付」してもらった。

  今年の牡馬クラシックは、本当に混戦だね。勝ってもおかしくない馬が5~6頭いて、それらのレベルも決して低くない。ズバ抜けた存在がいないから、レースの流れが脚質的に向いたとか、当日の馬場状態が合っていたとか、ちょっとしたことで着順が入れ替わっている。

 そうした流れは、クラシックでも変わらないんじゃないかな。だから、皐月賞(4月20日/中山・芝2000m)とダービー(6月1日/東京・芝2400m)では、おそらく勝ち馬が違ってくると思う。正直、そういう馬たちを評価して、現時点で順位づけするのは、競馬関係者でもかなり難しいことだよ。それでも、あえて「番付」をつけるならば、以下のような感じかな。