2021.02.04

【木村和久連載】コースを褒めてほしいメンバーさんへの有効な対処法

  • 木村和久●文 text by Kimura Kazuhisa
  • 服部元信●イラスト illustration by Hattori Motonobu

 ところで、やたら混んでいて、メンバーが多い大衆コースもあります。いつも渋滞ですが、こういうコースのメンバーさんは、メンバーの腕前を自慢してきます。

「うちはメンバーが多いから、層は厚いよ。クラブ対抗は常に上位だから。名前だけの名門コースなんかにゃ負けいないよ」ってね。そういうあなたは、クラブ代表ですか? と聞きたくなりますが、そこは突っ込まないでおきましょう。

(4)名物ホールを褒める
 たいてい、どんなコースでも"名物ホール"というものがあります。そこを褒めてあげるのが、最も無難で賢い方法だと思います。

 私が以前メンバーだった鶴舞カントリー倶楽部にも、「鶴舞のアーメンコーナー」と言われるポイントがあります。東の12番から数ホールが微妙に曲がりくねったレイアウトになっていて、刻みどころを間違えると、大変なことになりました。「アーメンコーナー」と呼ぶのは大げさですが、競技の時は確かに厄介でした。

 このようなシグネチャーホールというのは、必ずあります。大概、お茶屋が前にある池越えのショートホールなんかがそうで、そこで「うっとりしますね。しばらくここに佇んでいたい」と言えば、メンバーさんが売店でコーヒーの一杯でもおごってくれるんじゃないでしょうか。

 メンバーさんにコースに誘われたら、そこはかとなくコースを褒める――これぞ、最大にして、最も重要なマナーです。それさえうまくこなせれば、メンバーさんよりいいスコアを出しても、笑って許してくれますよ。

木村和久(きむら・かずひさ)
1959年6月19日生まれ。宮城県出身。株式をはじめ、恋愛や遊びなど、トレンドを読み解くコラムニストとして活躍。ゴルフ歴も長く、『週刊パーゴルフ』『月刊ゴルフダイジェスト』などの専門誌で連載を持つ。

『教えて! 100切り先生』好評発売中!
詳細はこちら>>

関連記事