2021.01.05

諸見里しのぶが渋野日向子を分析「すぐに成績ばかり求めるのはおかしい」

  • 金明昱●取材・文 text by Kim Myung-Wook
  • 木鋪虎雄●撮影 photo by Kishiku Torao

 2019年をもってツアープロから退き、現在はテレビ解説やコースセッティングなどで活躍する諸見里しのぶ。インタビュー後編では今後注目すべき選手たち、そして渋野日向子について話を聞いた。

◆インタビュー前編「諸見里しのぶ『仲は悪かったかな...』。ライバルを称賛も当時の思いを語る」>>

◆諸見里しのぶも出演!ゴルフ情報ウェブマガジン「Good Golf Life」>>

若手の才能も高く評価する諸見里しのぶ

――2020年の女子ツアーは若い世代の活躍が目立ちました。プレーを見てどう思いますか。

 昨年は"黄金世代"や"プラチナ世代"、さらにその下の"新世紀世代"の活躍が目立ちましたね。とにかく今の若い子たちは見ていてすごく楽しい。6月の「アース・モンダミンカップ」で渡邉彩香さんの復活優勝もすごかったですが、そこから笹生優花さんが「NEC軽井沢72」と「ニトリレディス」で連続優勝したときは衝撃でした。特にNECの最終日、16番パー5で、セカンドを6番アイアン(残り195ヤード)で打って、2.5メートルにつけたプレーにはみんな驚いたと思います。

――笹生さんはパワーが印象的ですよね。

 笹生さんの圧倒的なパワーは体の強さから来るものですが、アプローチの技術もあります。アマチュアの頃から様々な国でプレー経験があるので、対応能力が高い。あとは決断するのもとにかく早いですね。

――ほかにはどんな選手のプレーが印象に残っていますか?

 2020年に3勝した古江彩佳さんは、試合に出るたびに上位に食い込んで、プレーもすごく楽しそう。自信もついている印象を受けました。1勝した西村優菜さんも、当初は苦しい幕開けだったのですが、勝つためには何が必要なのかを試合ごとに吸収し、経験値が増えてレベルが上がっていると感じます。原英莉花さんのメジャー2勝(日本女子オープン、JLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップ)もすばらしかった。それを見たほかの選手たちも「私もできる」と思うはず。さらにレベルアップしてくる選手が増えると思います。