2020.09.24

【木村和久連載】コース予約。
密かに知られる「プレミアムクラブ」とは

  • 木村和久●文 text by Kimura Kazuhisa
  • 服部元信●イラスト illustration by Hattori Motonobu

専門誌では読めない雑学コラム
木村和久の「お気楽ゴルフ」連載●第273回

 いきなり「プレミアムクラブ」と言われても、何のことか、さっぱりわかりませんよね。

 そこで、まずはメンバーシップコースの予約の歴史について、順序立てて説明させてもらいます。そのなかで、プレミアムクラブのことが登場するので、詳しくはそこで解説したいと思います。

 日本のゴルフ場は2000強あると言われていますが、およそ90%がメンバーシップコースだそうです。メンバーシップですから、当然メンバー同伴か、メンバーの紹介がないと、ビジターはプレーできません。こうしたことは1990年代初頭、バブルが崩壊するまではわりと守られていました。

 ところが、バブルが崩壊すると、世の中的に「ゴルフなんかやっている場合じゃない」となり、次第にメンバーシップ制度が崩れていきます。メンバーやメンバーの紹介者だけでは、予約が埋まらなくなってしまったからです。

 そこで、コース側はメンバー制を守りつつも、ビジターをこっそりプレーさせたい――そう考えて、打ち出した手段がこれです。

◆友の会・年次会員制度
 例えば、1年間3~4万円を払えば、平日のラウンドが割引でプレー可能。8~10万円払えば、土日も割引でプレー可能、といったものです。

 バブル崩壊後は、特に平日の営業が苦しくなって、こうした「友の会」を始めるコースが増えました。この制度は、理事会で承認を得られれば実現できるので、多くの倶楽部で「平日は仕方がない」と承認されることになっていったのです。

◆ゴールドクレジットカード予約
 また、メンバーでなくても、ゴールドやプラチナのクレジットカードの持ち主であれば、ゴルフ場が予約できるようになっていきます。しかも、普段はなかなか予約の取れないプレミアムコースで、です。

 ゴールドカードを持っているお客は信頼度が高く、価格を高く設定しても利用してくれます。だから、コース側も割引ナシなら「数組、入れてもいいか」と思うようになっていくんですね。