2020.09.10

【木村和久連載】人間本来の
生活リズムこそ、ゴルフを楽しむための秘訣

  • 木村和久●文 text by Kimura Kazuhisa
  • 服部元信●イラスト illustration by Hattori Motonobu

 少し前のゴルフでは、私の家に同伴者が7時に迎えに来てくれることになっていました。だから、その日は朝5時に起きてテレワークオフィスに行って、1時間半ほど仕事をしてからゴルフへ、という離れ業をこなしました。すげぇ~。

 朝5時半に起きると、1日がすごく長いです。人生、これまでの倍は生きているような気がします。

 朝6時から9時前まで、テレワークオフィスで仕事でしょ。家に戻って、9時からは株取引をします。そのまま、家で昼ごはん。午後の株取引は、暇な時はしますけど、半々といった感じです。あとは、雑用。そして、午後3時過ぎから、再び営業し始めた六本木のテレワークオフィスで仕事をして、その後、お誘いがあれば、食事をしたり、飲んだりしますが、今や午後9時には帰宅しますかね。

 六本木のキャバクラは、たいがい午後9時ぐらいから賑わい始めるんですが、新型コロナウイルスの感染拡大が騒がれるようになってからは、まったく行っておりません。代わって、夕方6時ぐらいからやっている、渋谷や新橋のラウンジでしっぽりやっています。

 朝5時半に起きるようになって、PGAツアーの中継を見逃すこともなくなりました。常にリアルタイムで見ています。

 昔、六本木でブイブイ言わせていた人が、今は朝のゴルフ場で大活躍! 案外、そういうものかもしれませんね。

かつて夜型だった人も、歳を重ねて朝型に変わったという人は多いかもしれませんね...。illustration by Hattori Motonobu