2020.01.03

「規格外のスター」渋野日向子。
東京五輪でメダル獲得が持つ大きな意義

  • 杉山茂樹●文 text by Sugiyama Shigeki
  • photo by Kyodo News

東京オリンピックで輝け!
最注目のヒーロー&ヒロイン 
ゴルフ 渋野日向子 編

 スポーツとは、階段を一歩ずつ上るように成長していくもの、とされている。陸上にしても、競泳にしても、高校新記録を出す前に、日本記録を出す選手はまずいない。日本記録を出す前に、世界記録を出す人も同様に稀だ。

 記録や成績は、着実に上昇していくものとされている。そして、好記録や好成績を残しながら、選手は成長を遂げていく。さらに、その過程のなかで、風格や貫禄を備えていく。

 一流選手には、神経質そうな選手もいれば、勝負師らしい選手もいる。もちろん、明るく華のある選手もいる。普通の選手にはないカリスマ性を、どこかに垣間見ることができる。そのカリスマ性の度合いに比例して、選手のスター性は増していく。

 そうした従来のスポーツ選手像から、完全に逸脱しているのが、渋野日向子。

 規格外のスター選手だ。昨季、QTランキング40位でスタートした国内ツアーの新人選手が、その約4カ月後には、海外メジャーのひとつである全英女子オープンを制してしまうとは……。

 この夢のような”シンデレラストーリー”を予想した人は、誰一人いないだろう。世界広しと言えども、これに比肩する事例は稀だ。2019年世界のスポーツ界、屈指の出来事、”事件”といっても過言ではない。

 渋野はプロ初優勝が国内メジャーという快挙も果たしているが、海外ではまったくの無名の存在。それこそ、高校新を出したばかりの選手が、いきなり世界新を出してしまったような話だ。一般社会に置き換えれば、2階級特進どころか、4階級特進。新入社員が社長に昇進したようなものだ。

 国内ツアー4勝。賞金女王争いでも、鈴木愛と最後までデッドヒートを展開した。シブコファンに言わせると、海外メジャーで獲得した賞金も賞金額に加算される国内男子ツアーに当てはめれば、全英女子を制した渋野は、余裕で賞金王に輝いていた、となる。

 それはともかく、年末のあるテレビ番組で「今年一年を漢字一文字で表すと?」と問われた渋野は、「謎」と答えていた。なぜ、これほどの成績を残すことができたのか。自分に対して、自分自身が一番驚いている様子だった。