2019.02.19

松山英樹が望まずも変幻自在ショット。
5種類ほど打ち方を変えて9位

  • text by Sportiva
  • 武川玲子●協力 cooperation by Takekawa Reiko

 1週間のオフウィークを経て、2年ぶりに挑むジェネシスオープン(2月14日~17日/カリフォルニア州)を前にして、松山英樹はこう語っていた。

「(年明けは3戦してトップ20が2回)だいぶいい感じできていると思うので、あとはかみ合わせがうまくいけば、勝てるんじゃないかな、という感じ。(1週間休んで)疲れは取れましたし、元気になりました。雨が多かったですが、トレーニングもきちんとやってきました。

(試合は楽しみ?)どうですかねぇ~。それは微妙ですね……。コース(リビエラCC)は苦手です。グリーンで苦労しているイメージはあまりないんですけど、なぜかうまくプレーさせてくれない。好きな人は好きなんだろうけど、気の抜けないホールが多いですね」

 迎えた本番、初日から悪天候によってスケジュールが大きく乱れた。松山も1日目、2日目と2日間かけて第1ラウンドを消化。以降、3日目に第2ラウンドと第3ラウンドの9ホール、最終日に第3ラウンドの残り9ホールと第4ラウンドと、2日続けて27ラウンドをこなす強行軍を強いられた。

 そうした状況にあっても、松山は通算7アンダー、9位タイでフィニッシュ。2週間前に「大事に試合なる」と話していた試合で、見事にトップ10入りを決めた。

ジェネシスオープンは9位タイでフィニッシュした松山英樹。photo by Getty Images