2018.06.28

【木村和久連載】来年から「新ルール」。
その時ゴルフ場で起きること

  • 木村和久●文 text by Kimura Kazuhisa
  • 服部元信●イラスト illustration by Hattori Motonobu

 個人的な見解では、我々のゴルフはスポーツというより、レジャー的な要素が強いので、簡単にしてあげてもいいと思います。

 白いOB杭でも黄色杭扱いにして、その場で1ペナの打ち直しでいい、というルールでやっているコンペもあります。リゾート地のゴルフ場では、本来白杭のOBだらけだったのが、お客さんが「リゾートなのに難しい」と憤慨するので、すべて赤杭に塗り直した、というコースも結構多いんですよ。

 ルールとは、「プレーヤーが同じ環境でプレーすればいい」だけのことです。

 そもそもゴルフをやるとき、クラブハウスのカウンターで「JGAルールを守ってプレーします」って、宣誓書にサインしたりしないでしょ。ゴルフ場からは、場所と時間を借りているだけですから。

 ラウンドで一番大事なことは、他のプレーヤーに危害を与えず、周囲に迷惑をかけないこと。次が、コース(特にグリーン)を傷つけないこと。そして3番目が、ゴルフにふさわしい服装で来場し、好ましいスタイルでプレーすること。

 細かいルール&マナーを守るのは、その次です。

 お互いが納得できるルール&マナーは、今後もいろいろ変わっていくと思います。そこは、温かい目で見守っていきたいですね。

◆優勝1オーバー。全米オープン「厳しすぎるセッティング」は是か非か>>

◆【木村和久連載】元首相・田中角栄生誕100年に想う、我がゴルフ人生>>

木村和久(きむら・かずひさ)
1959年6月19日生まれ。宮城県出身。株式をはじめ、恋愛や遊びなど、トレンドを読み解くコラムニストとして活躍。ゴルフ歴も長く、『週刊パーゴルフ』『月刊ゴルフダイジェスト』などの専門誌で連載を持つ。

『ヘボの流儀~叩いても楽しいゴルフの極意』好評発売中
詳細はこちら>

関連記事