2018.04.20

イ・ボミを襲う「負のスパイラル」。
苦しむ女王に何が起きているのか

  • 金明昱●取材・文 text by Kim Myung-Wook
  • photo by Getty Images

「スイングについては、自分で何度も確認して『ああでもない』『こうでもない』と修正してやっているのですが、以前のよかった頃のスイングには簡単に戻りません。それでまた、いろいろなことを考えて、悩んでしまう。

 結果を残さないといけないので、実戦でテストすることもできず、今は本当に難しい状態にあります。ゴルフは考えることが多いと、それがスコアに影響してしまうんですけどね……」

 考えることが多くなりすぎているイ・ボミの現状について、周囲のスタッフもよくわかっている。だが、余計なアドバイスをすれば、彼女の混乱は深まるばかり。何の解決策にもならない。

 もはや、今のイ・ボミは”自分自身との戦い”に勝つしかないのだ。

「本当に、これはもう自分自身の問題なんです。いい結果を残したいのですが、ショットについていろいろと考えてしまう。ミスショットも、以前は右に飛んでいくだけだったのが、今は両方に飛んでいくこともあります。

 ただ、コンディションは悪くありませんし、トレーニングもしっかりできています。重要なことは、余計なことを考えずにスイングのリズムやタイミングをつかむこと。それがうまくいくと信じていますし、それができれば、結果もついてくると思っています」

 イ・ボミはそう語ると、こう付け加えた。

「昨年よりもいい結果を残したい。早く、みんなが期待している結果を出したい」