2017.11.09

【木村和久連載】名誉を永遠に。
アマチュアゴルファーに「段位」を!

  • 木村和久●文 text by Kimura Kazuhisa
  • 服部元信●イラスト illustration by Hattori Motonobu

専門誌では読めない雑学コラム
木村和久の「お気楽ゴルフ」連載●第129回

 最近、大きなコンペがあって、事前に「ハンデキャップを提出してくれ」と言われました。招待状の中に、ご丁寧にハンデを書き込む返信用ハガキまで入っていました。

 こういうときは、オフィシャルハンデ「12」、プライベートハンデ「9」と書いて、送り返すようにしています。

 もちろん、今はそんな実力なんてありません。確か15年ぐらい前は、オフィシャルハンデ「12」で、瞬間的に「9」になったこともあります。

 じゃあ、かつての栄光を装い、見栄を張ってハンデを出しているのか? そういう考え方もありますが、むしろ逆です。

 もし、今はヘボで「ハンデ『18』くらいです」なんて返信したら、優勝する可能性も出てきます。そうすると、優勝賞品欲しさに「ハンデを甘く出したせこいヤツ」って見られてしまうのです。

 つまり、正直に自分のハンデを書くと、嫌なヤツとか、空気を読めない男とか、そんな扱いを受けてしまうわけです。それって、なんかおかしいですよね。

 こちらはJGA(日本ゴルフ協会)の正式ハンデすら持っていないのに、「ハンデを書け」というのもどうしたものか……。アマチュアゴルファーのピークなんて、人それぞれでしょうし。

 まあ、結局のところ、大きなコンペの世界では自分の腕前をうまく見せて申請することが、マナーであり、大人の社交なのです。