2017.02.16

【木村和久連載】トッププロにも聞いた
「ラウンド前練習」のセオリー

  • 木村和久●文 text by Kimura Kazuhisa
  • 服部元信●イラスト illustration by Hattori Motonobu

 実際には、打ち始めからずっと調子が悪いときもありますよ。いくら打ってもいい球が出ないとか。もうアイアンは諦めて、ドライバーを打ったら、それはよかったとかね。理論と違うことは、ままあります。

 でも、ゴルフ場での練習は、絶対にひと箱のみと決めています。キリがないですから。

 そうして、最後の1球は綺麗に打って終わりたい。最後に変なボールが出ると不安になって仕方がありませんから。気分も悪くなりますし。

 ですから、個人的にはラスト1球前で練習を終えます。残ったボール、本当のラストボールは、パターやウエッジで20ヤード打つとか、絶対にミスをしないショットで終わらせます。そうすると、私はいい感触のままラウンドに向かうことができます。

木村和久(きむら・かずひさ)
1959年6月19日生まれ。宮城県出身。株式をはじめ、恋愛や遊びなど、トレンドを読み解くコラムニストとして活躍。ゴルフ歴も長く、『週刊パーゴルフ』『月刊ゴルフダイジェスト』などの専門誌で連載を持つ。

『89ビジョン~とにかく80台で回るゴルフ』好評発売中!
詳細はこちら>

■ゴルフ記事一覧>

関連記事