2017.01.07

【内藤雄士ゴルフレッスン】
パッティングは「面」を強く意識して

  • 出島正登●取材・文 text by Ideshima Masato  中山雅文●撮影 photo by Nakayama Masafumi.


内藤 パッティングで大切なことは、手首の動きを抑えることです。手首を使いすぎると、パターの面の向きがバラバラになるので、打ちたい方向にボールを出すことができないのです。

白石 手首を使わないということですか?

内藤 そうです。ただ、力を入れすぎるのもよくありません。練習法としてオススメなのがティペグを使ってのストローク。まず、右手の親指と人差し指の間にティペグを挟みます。そしてティペグの先が自分から見て、真向かいを指すようにグリップします。すると、右手のひらはターゲットを向きます。このティペッグの先がずっと向こう正面側を向くようにしてストロークしてみてください(次ページ参照)。

白石 なんだか、真っ直ぐ転がるようになりました。

内藤 手首の無駄な動きを抑えて、パターの面を意識すること。これがパッティングの基本の約束事になります。

白石 なるほど。でも、あまり入らないのが悔しいですね。

内藤 心構えで重要なことがあります。1打で入れば最高の結果ですが、それを求めると、外れた時のリスクは大きくなります。まずは2パットで決めること。確実に2パットで入れられるところに寄せようと思えば、ファーストパットはラクになります。

白石 わかりました。ショットだけでなく、パッティングも自主練したいと思います。