2014.05.29

【ゴルフ】女子ツアーでアマ旋風が起きている「4つの要因」

  • 古屋雅章●文 text by Furuya Masaaki
  • 小内慎司●撮影 photo by Kouchi Shinji

 日本女子ツアーでは今季、「アマチュア旋風」が巻き起こっている。2戦目のPRGRレディス(3月14日~16日/高知県)で森田遥(17歳)が優勝争いを演じると、その後も永井花奈(16歳)がTポイントレディス(3月21日~23日/佐賀県)で、柏原明日架(18歳)がアクサレディス(3月28日~30日/宮崎県)でベスト10フィニッシュ。そしてついに、KKT杯バンテリンレディス(4月18日~20日/熊本県)では、勝みなみ(15歳)が史上最年少記録(15歳9カ月)でアマチュア優勝を飾った。

アマチュア旋風の火付け役となった勝みなみ。 その勢いは止まらず、サイバーエージェントレディス(5月2日~4日/千葉県)では、森田と堀琴音(18歳)のふたりが最終日最終組で回り、森田が2位、堀が4位タイと奮闘。永井も6位に入った。さらに、ほけんの窓口レディース(5月16日~18日/福岡県)でも、柏原が初日から首位発進。あわや「完全優勝」か、という快進撃を見せた(最終的には6位タイ)。

 もはや、単なる「アマ旋風」では収まらない。それほど、アマチュア選手の活躍ぶりは凄まじい。はたして、その要因はどこにあるのか。さまざまな角度からアマチュア選手の強さの理由を探ってみた。

(1)藍ちゃんキッズの”本流”

 韓国女子ゴルフ界では、1998年にパク・セリが全米女子オープンを制覇。それから約10年後、彼女に影響を受けて育った子どもたち、通称「パク・セリキッズ」と呼ばれる韓国人選手たちが米女子ツアーで躍動した。現在の日本女子ツアーの「アマチュア旋風」は、まさにそれと似た現象と言えるだろう。事実、このことは、2009年に米女子ツアーの賞金女王に輝いたシン・ジエが予言していた。

「韓国人選手の活躍は、偉大なロールモデルがいたことが大きな理由だと思います。私もパク・セリプロを見て育った『パク・セリキッズ』ですから。そういう意味では今後、日本の女子ゴルフ界でも、宮里藍プロを見て育った世代が躍進するでしょう」と。