2014.03.20

【ゴルフ】昨季未勝利の宮里藍が抱える「人生初の悩み」

  • 武川玲子●文 text by Takekawa Reiko
  • photo by Getty Images

 また、宮里は今季から新たなキャディーとタッグを組んだ。そこにも、再浮上への高い意識が感じられた。

 選手とキャディーは、よく「夫婦のようだ」と言われる。そういう意味では、宮里の米ツアー1年目からキャディーを務めてきたミックとは、お互いに言いたいことを言い合える間柄で、最高のキャディーだった。とはいえ、新たな目標を持って、新鮮な気持ちでプレイすることは難しくなってきていた。

 そして今季、新たな“相棒”ケビンを迎えた。まだ3戦を消化したばかりだが、宮里は絶大な信頼を寄せて、ケビンとのコンビに手応えを感じている。

「(ケビンとは)すごくいい感じです。私がバーディーを獲っても、ダボを叩いても、いつも同じスタンスでいてくれる。素晴らしいキャディーです」

 実は、今回のJTBCファウンダーズ・カップは、宮里にとって相性のいい大会である。昨年、一昨年と、2位でフィニッシュしている。昨年はステーシー・ルイス(アメリカ)、一昨年はヤニ・ツェン(台湾)に優勝をさらわれたが、もしこの試合で勝っていたら、その後の1年間はまったく違う流れになっていたのではないだろうか。そう思うと、今年は結果を出して、復活のきっかけになることを期待してしまう。

「(この大会は)毎年スコアが出るので、どれだけバーディーを獲っていくかがポイントだと思います。そのためにも、結構フェアウェーが狭いから、ティーショットをフェアウェーに置くことが大事になる」

 周囲の期待に踊らされることなく、落ち着いてそう語った宮里は自身の足もとをしっかりと見つめていた。彼女が復活する日を、我々は焦らず、静かに待っていればいいだろう。

関連記事