2012.09.08

【ゴルフ】韓国代表監督が指導する
理想的なスイングを生み出すアドレス

  • 慎 武宏●取材・構成 text by Shin Mukoeng
  • 小内慎司●撮影 photo by Kouchi Shinji

写真③/両腕は力まずに体の前に下ろすイメージ。写真③/両腕は力まずに体の前に下ろすイメージ。  両腕の構えは、肩に力が入りすぎたり、両肘が真っ直ぐ固まってしまったりすると、スムーズなスイングの妨げになります。理想的な形としては、前傾姿勢をとった状態で、そのまま両手を力まずに下ろした感覚がいいでしょう(写真③)。

写真④/クラブの角度は、グリップの先端がへそ下を指すくらい。写真④/クラブの角度は、グリップの先端がへそ下を指すくらい。  その状態を保ってグラブを握り、グリップの先端が自分のへそ下を指すくらいがクラブの角度としては最適です(写真④)。

写真⑤/両脇を締めて、ひじは軽く内側にしぼる。写真⑤/両脇を締めて、ひじは軽く内側にしぼる。  両脇は締めて、ひじを内側に軽くしぼります(写真⑤)。

写真⑥/両手首はリラックスした上体を保ち(写真左)、力が入りすぎてはダメ(写真右)。写真⑥/両手首はリラックスした上体を保ち(写真左)、力が入りすぎてはダメ(写真右)。  その際に注意すべき点は、グリップを強く握って、両手首に力が入りしぎないこと(写真⑥の右)。手首に力が入りすぎてしまうと、両肘も突っ張ってしまい、クラブフェースが左に向きやすくなります。手首を無理に固めることなく、軽く適度に、ということを意識して、あくまでも自然体でいることが大切です(写真⑥の左)。