ユーロ2024優勝候補の呼び声高いイングランド ここまで2戦がピリッとしないのはなぜか?

  • 杉山茂樹●文 text by Sugiyama Shigeki

 グループリーグの3巡目に入ったユーロ2024。序盤の2試合を終了した段階で、下馬評と現実の姿に最も"差"を感じさせたチームがイングランドだろう。そのイングランドは6月25日(日本時間26日4時~)、グループリーグ最終戦をスロベニアと戦う。

 大会前、イングランドは英国ブックメーカー各社からフランスと並んで優勝候補の1番人気に推されていた。彼らは地元英国人の購買意識をかき立てようと、概して英国チームに甘い予想をする。クラブサッカーの場合もそうだが、そこのところは気持ち、割り引いて考える必要がある。

 イングランドが近年、右肩上がりの傾向にあることは確かである。W杯の過去2大会はベスト4(ロシア大会)とベスト8(カタールW杯)。ユーロの過去3大会も、ベスト8(2012年)、ベスト16(2016年)、準優勝(ユーロ2021年)と高位で安定している。

 ただし筆者が知る限り、イングランドが過去に優勝候補の本命に推された試しはない。ベスト4まで進んだ自国開催のユーロ1996も、そこまで高い評価ではなかった。

 サッカーの母国である。プレミアリーグもUEFAランクで首位に立つ欧州の盟主ながら、代表チームはユーロで欧州一の座に就いたことはない。常にチャレンジャーだったチームである。それが本命サイドに立たされることになり、居心地の悪さを覚えている。それがいまのイングランドだろう。

 1-0で辛勝した初戦のセルビア戦、1-1で引き分けたデンマーク戦の戦いぶりは、いずれも相手に苦戦したと言うより、"絶対に負けられない戦い"を強いられることになった自分たち自身に戸惑う様子が見て取れた。ガレス・サウスゲート監督の采配を含め、慣れない立ち位置に戸惑っている印象なのだ。

デンマークと引き分け、ジュード・ベリンガムを迎えるガレス・サウスゲート監督(イングランド)photo by Maurizio Borsari/AFLOデンマークと引き分け、ジュード・ベリンガムを迎えるガレス・サウスゲート監督(イングランド)photo by Maurizio Borsari/AFLOこの記事に関連する写真を見る 先発メンバーは1戦、2戦とも不動だった。

 GK/ジョーダン・ピックフォード(エバートン)、左SB/キーラン・トリッピアー(ニューカッスル)、CB/マーク・グエーイ(クリスタルパレス)、ジョン・ストーンズ(マンチェスター・シティ)、右SB/カイル・ウォーカー(マンチェスター・シティ)、守備的MF/トレント・アレクサンダー・アーノルド(リバプール)、デクラン・ライス(アーセナル)、トップ下/ジュード・ベリンガム(レアル・マドリード)、左ウイング/フィル・フォーデン(マンチェスター・シティ)、CF/ハリー・ケイン(バイエルン)、右ウイング/ブカヨ・サカ(アーセナル)。

1 / 4

プロフィール

  • 杉山茂樹

    杉山茂樹 (すぎやましげき)

    スポーツライター。静岡県出身。得意分野はサッカーでW杯取材は2022年カタール大会で11回連続。五輪も夏冬併せ9度取材。著書に『ドーハ以後』(文藝春秋)、『4-2-3-1』『バルサ対マンU』(光文社)、『3-4-3』(集英社)、『日本サッカー偏差値52』(じっぴコンパクト新書)、『「負け」に向き合う勇気』(星海社新書)、『監督図鑑』(廣済堂出版)、『36.4%のゴールはサイドから生まれる』(実業之日本社)など多数。

厳選ピックアップ

キーワード

このページのトップに戻る