久保建英の今季は「10点中7.5点」とレアル・ソシエダ番記者「シーズン半ばまで決定的な働き」も「アジアカップは間違いなくプラスになっていない」

  • イケル・カスターニョ・カベージョ●取材・文 text by Iker Castaño Cabello

フィジカル面に問題を抱えた久保は、ラ・リーガ第35節バルセロナ戦でまたもやベンチスタートとなり、際立つ活躍はできず。今季も残り3 試合となった。今回はクラブの地元紙『エル・ディアリオ・バスコ』で、レアル・ソシエダの番記者を務めるイケル・カスターニョ・カベージョ氏に、そんな久保の今季全体のパフォーマンスを採点してもらった。

【スーパーサブとして出場のバルセロナ戦】

 久保建英はシーズン終盤に差し掛かり控えに回ることが多くなっているが、それは激しい4大会を戦った、過酷なシーズンによって蓄積された消耗の表われだ。

久保建英の今季のプレーをレアル・ソシエダ番記者が評価した photo by Mutsu Kawamori/MUTSUFOTOGRAFIA久保建英の今季のプレーをレアル・ソシエダ番記者が評価した photo by Mutsu Kawamori/MUTSUFOTOGRAFIAこの記事に関連する写真を見る 残念だが、久保がチームメイトとの違いを見せて"トップレベル"であると示した前半戦のような輝きを放つのは、シーズンを終えるまでないだろう。残りの試合で 、これ以上調子を上げられないと思われる。

 久保は2カ月前にシーズンを終えたかったはずだ。特にこのシーズン終盤は蓄積された疲労やケガの影響を受け、しばらくの間、主役の役割を演じられなくなっている。

 13日のバルセロナ戦は、下部組織育ちの久保にとって大きな意味があったが、直近10試合で6回目のベンチスタートとなった。そのうち2試合はパリ・サンジェルマンとのチャンピオンズリーグ(CL)を考慮され、出番なく終わっている。

 イマノル・アルグアシル監督は攻撃的なDFジョアン・カンセロの背後を狙う目的で、久保を後半25分に投入した。スーパーサブとしての役割を担っていたが、その起用が正しかったことをすぐさま証明してみせた。

 久保はピッチに入るとすぐに、カンセロ相手に決定機を作り出す。右サイドからカットインして強烈な左足のシュートでファーサイドを狙い、同点に迫るが、惜しくもGKマルク=アンドレ・テア・シュテーゲンにキャッチされた。それ以降も悪くない動きを見せたが、カンセロを苦しめることはできなかった。

 かつてバルセロナでメソドロジー(メソッド部門)ディレクターを務め、久保が少年時代に加入した時にその動向を見守っていたジョアン・ビラ氏は、今回の対戦前、「バルサはタケに対して重大なミスを犯した」と久保が18歳になったタイミングで連れ戻さなかったことを非難し、そのすばらしい資質を賞賛した。

「タケは非常に優れた選手で、どんなシステムやプレースタイルでも順応できる。主にボールポゼッションで優位に立ち、攻撃的な特徴を持ちたいと思っている バルセロナ、マンチェスター・シティ、レアル・マドリードといったビッグクラブであってもだ。現在、すでにヨーロッパのいくつかのビッグクラブに関心を持たれており、レアル・マドリードでも完璧に自分の居場所を確保できるだろう。例えばブラヒム(・ディアス)やアルダ・ギュレルがいるが、タケもそこにいられるかもしれない。彼は間違いなくトップチームの一員になれる」

1 / 3

厳選ピックアップ

キーワード

このページのトップに戻る