お金がなくても大丈夫!? 首位ジローナの予算はバルサの20分の1 岡崎慎司も指導した監督の手腕が光る

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki

 ジローナの躍進が止まらない。スペイン、ラ・リーガ第21節終了段階で、堂々の首位に立つ(2位のレアル・マドリードは1試合少ない)。

 2022-23シーズン、ジローナの年間予算は5500万ユーロ(約82億円)だった。バルセロナが12億5500万ユーロ(約1883億円)、レアル・マドリードが7億7000万ユーロ(約1155億円)、アトレティコ・マドリードが3億7600万ユーロ(約564億円)、久保建英を擁するレアル・ソシエダが1億2800万ユーロ(約192 億円)。予算は戦力に投影され、そのまま順位にもつながるだけに、控え目に言っても大善戦だ。

 特筆すべきは、ジローナが信奉するサッカーの内容にあるだろう。

 守りを固めて耐え忍び、隙を突いてのカウンターで勝つ、という弱者の兵法ではない。自分たちがボールを持って、運び、勇敢に相手ゴールへ迫る。そのコンビネーションは華麗で、バルサやアトレティコを真っ向勝負で次々に撃破。小さな地方クラブが強者のように戦い、ビッグクラブを打ち負かしているのだ。

「月曜から金曜まで、選手たちをトレーニングするのが楽しいし、週末の試合を見させてもらって楽しい」

 ミチェル監督の言葉こそ、"ジローナ旋風"を解き明かすヒントと言える。

 直近の本拠地モンティリビでのセビージャ戦、ジローナはセビージャに先制こそ許したが、そこからの反転攻勢がすさまじかった。

 ブラジルU-20代表の左利きアタッカーのサビオは、雷撃のごときスピードテクニックで左サイドを切り裂いた。ミゲル・グティエレスは神出鬼没で、今シーズンのラ・リーガで屈指の左サイドバックと言える。ウクライナ代表FWアルテム・ドフビクはアーリング・ハーランド(ノルウェー代表/マンチェスター・シティ)を思わせる万能ストライカーでハットトリックを達成。イバン・マルティンのボールキープは出色で、ベネズエラ代表ヤンヘル・エレーラのパスは時を刻んだ。

前節はセビージャに5-1と大勝して暫定首位をキープしたジローナの選手たちphoto by Pressinphoto / Getty Images前節はセビージャに5-1と大勝して暫定首位をキープしたジローナの選手たちphoto by Pressinphoto / Getty Imagesこの記事に関連する写真を見る 結局、5-1という大差で叩きのめし、セビージャに復帰したDFセルヒオ・ラモスが悄然とする姿が印象的だった。

1 / 3

プロフィール

  • 小宮良之

    小宮良之 (こみやよしゆき)

    スポーツライター。1972年生まれ、横浜出身。大学卒業後にバルセロナに渡り、スポーツライターに。語学力を駆使して五輪、W杯を現地取材後、06年に帰国。著書は20冊以上で『導かれし者』(角川文庫)、『アンチ・ドロップアウト』(集英社)など。『ラストシュート 絆を忘れない』(角川文庫)で小説家デビューし、2020年12月には『氷上のフェニックス』(角川文庫)を刊行。

厳選ピックアップ

キーワード

このページのトップに戻る