久保建英にスペイン地元紙は「マラドーナ級」と表現 CL決勝T進出へ勝利に貢献

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki

 10月24日、リスボン。チャンピオンズリーグ(CL)グループリーグ第3節で、久保建英を擁するレアル・ソシエダ(以下ラ・レアル)は、ポルトガル王者ベンフィカをブライス・メンデスの得点で0-1と下している。これによってラ・レアルは2勝1分けで首位をキープ。ベンフィカは3連敗で、すでに明暗が分かれつつある。

「ブライスと久保が鷲を狩った」

 スペイン大手スポーツ紙『アス』はそう見出しを打ったが、試合を象徴したタイトルと言えるだろう。鷲はベンフィカのシンボルだ。

 CLベスト8の常連であるベンフィカ(昨シーズンは準々決勝でインテルに敗北)との一戦で、久保は得点こそ記録できなかったが、一騎当千の活躍だった。

ベンフィカ戦に先発、勝利に貢献した久保建英(レアル・ソシエダ)photo by Reuters/AFLOベンフィカ戦に先発、勝利に貢献した久保建英(レアル・ソシエダ)photo by Reuters/AFLOこの記事に関連する写真を見る 6分、ミケル・オヤルサバルが深みを取って戻したボールを受け、エリア内へ入って左足を鋭く振ってニアへシュート。このワンプレーで、右サイドでアドバンテージを握った。この後はワンツーを使いながら、何度となく危険なエリアに侵入した。

 21分、久保は自陣でパスを受け、中央を力強いドリブルでひとり、ふたりと相手を置き去りにし、センターサークルで4人目、世界王者アルゼンチン代表ニコラス・オタメンディの渾身のチャージで倒れた。もはや、ファウルでしか止められない。34分、そのオタメンディの勢いを逆手にとって入れ替わり、エリア内まで侵入、左足のシュートは敵DFの左腕に当たってPKに見えたが、VARでも判定は覆らなかった。

 後半に入っても、久保は右サイドを席巻し、確実にベンフィカにダメージを与える。まともに敵陣に入れない相手を、徹底的に叩きのめす。58分、ベンフィカはたまらず"久保番"だったチェコ代表の左サイドバック、ダビド・ユラーセクを下げ、元スペイン代表フアン・ベルナトを投入したが、久保は容赦しなかった。

 味方のミケル・メリーノが奪い返したボールを受けた久保は、ベルナトとオタメンディに前後を挟まれながらも、少しも動じない。足が届かないところにボールを置き、一瞬で抜き去る。肝心の右足シュートはやや当たらずにゴールを逸れたが......。

1 / 3

プロフィール

  • 小宮良之

    小宮良之 (こみやよしゆき)

    スポーツライター。1972年生まれ、横浜出身。大学卒業後にバルセロナに渡り、スポーツライターに。語学力を駆使して五輪、W杯を現地取材後、06年に帰国。著書は20冊以上で『導かれし者』(角川文庫)、『アンチ・ドロップアウト』(集英社)など。『ラストシュート 絆を忘れない』(角川文庫)で小説家デビューし、2020年12月には『氷上のフェニックス』(角川文庫)を刊行。

厳選ピックアップ

キーワード

このページのトップに戻る