2022.07.26

メッシの現在の真の実力は? ゴールが減ってもPSGで別格の扱いを受ける理由

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki
  • photo by KYODO

 7月25日、大阪。パリ・サンジェルマン(PSG)は「ジャパンツアー2022」でガンバ大阪と対戦している。川崎フロンターレ戦、浦和レッズ戦に続くツアーのトリを飾る一戦は、2-6と派手なゴールの宴となり、PSGは3連勝を飾った。

 試合前の記念撮影では、日本人の少年がPSGの30番のユニフォームを着たリオネル・メッシに背後から肩を抱かれると、表情が一瞬、華やいだ。少年は中腰のままで、撮影が終わった後もしばし動けないほどだった。ただ暑さにうなだれていたのかもしれないが、スタジアムに満員の観客を呼び込み(観客数は前日の日本対中国戦の3倍以上)、有料の練習見学にも大勢のファンを惹きつけるパワーを、直接、感じたものだ。

 世界史上最高のサッカー選手とも言えるメッシを現場で見られることは、サッカーの生きた歴史に触れる"霊験"を意味していた。

 35歳になるメッシは20年近いプロキャリアのなかで、いつしかサッカーの神様に近い存在になっている。

「メッシの再来」「〇〇のメッシ」「メッシの後継者」......こうした表現が出るのも、圧倒的なアイコンだからだろう。もっとも、そうたとえられた選手は、たいてい小さくて素早くて、足もとの技術がそれなりにあるという程度で、本家とは似ても似つかない。むしろ、言われた当人が気の毒なぐらいだ。

ガンバ大阪戦で4点目を決め喜ぶリオネル・メッシ(パリ・サンジェルマン)ガンバ大阪戦で4点目を決め喜ぶリオネル・メッシ(パリ・サンジェルマン) この記事に関連する写真を見る  筆者は幸運にもメッシのスペインリーグデビュー戦を現地で取材しているが、バルサB時代の試合での光景が忘れられない。

 当時のメッシは16歳か17歳で、かつては1部でプレーしたような老練な選手もいる2部でプレーしていた。当然の如く、若手を脅しつけるように削る"お決まりのシーン"もあった。プロの洗礼である。タックルを受けたメッシが倒れてうずくまった。しかしこの時、怒るかと思ったスタンドにいたバルサ関係者が、笑いながら「もっと削れ」と声をかけたのである。

「その程度で負けるなら、未来はない」

 獅子が我が子を千尋の谷に落とすようだった。どこか狂気じみてもいた。しかし日本では、すぐに甘やかすから才能が腐るという例があちこちで見られる。そこにあるのは、厳しさを乗り越えたものだけが、結局は本物になる、という考え方だ。