2022.04.29

香川真司が語る、自身のポジションの最適解。「みんな10番をイメージしがちだけど、8番が一番合っている」

  • 中山淳●取材・文 text by Nakayama Atsushi
  • photo by AFLO

香川真司(シント・トロイデン)インタビュー@前編

 昨年12月にPAOK(ギリシャ)との契約を解除した香川真司が心機一転、シント・トロイデン(ベルギー)との契約を発表したのは、今年1月10日のこと。

 以来、新天地では第27節のロワイヤル・ユニオン・サン=ジロワーズ戦(2月13日)を皮切りに、リーグ戦5試合で途中出場。そしてリーグ戦最終節のスタンダール・リエージュ戦(4月10日)では初めて先発出場を果たし、後半65分までプレー。1アシストを記録するなど、チームの勝利に貢献した。

 残念ながらチームはプレーオフ出場権を逃したために、予想外に早いシーズンオフを迎えることとなったが、シント・トロイデンで過ごしたこの約4カ月は、香川にとってどんな日々だったのか? 現在クラブから求められている"新しい香川真司"像も含め、新天地での取り組みとプレーポジションについて、香川自身が語ってくれた。

   ※   ※   ※   ※   ※

香川真司にシント・トロイデンでの4カ月を振り返ってもらった香川真司にシント・トロイデンでの4カ月を振り返ってもらった この記事に関連する写真を見る ---- 最後のスタンダール戦は約7カ月ぶりのスタメンでした。どんな気持ちでしたか?

「もちろん、僕自身は久々のスタメンで気持ちが高ぶる部分もありました。でも、監督からスタメン起用を伝えられてからの約1週間は、メンタル的なコントロールをしながら、自分に対して過度なものを求めすぎず、これまで練習でやってきた感覚をしっかり出せれば必ず結果は残せると信じて、試合に入ることができたと思います」

---- それまでは途中出場で5試合。見ている限り、調子は上向いているように見えましたが、どれくらいトップフォームに近づいている感覚がありましたか?

「正直なところ、なかなか自分のなかでトップフォームという物差しを作れていないのが現状なので、正確に答えるのは難しいですね。それでも、かなり練習をハードにやってきたので、コンディション的にはよかったと思います。

 ただ、練習で調子がよくても、試合は別物ですから。結局、ゲーム体力というものは公式戦でしか補えないと思うので、そのチャンスがいつやってくるのか、そのタイミングに注意しながら準備していました。