2022.02.05

バイエルンとマンチェスター・シティのにらみ合い。識者3人に聞く「今季のCLを制するのはどこか?」

  • photo by Getty Images

UEFAチャンピオンズリーグ(CL)の決勝トーナメントが、2月15日よりスタートする。並みいる強豪を押しのけて、今シーズン欧州の頂点に立つのはどのクラブか。3人のライターに優勝候補をあげてもらった。

◆ ◆ ◆

CL優勝候補のキーマン。マンチェスター・シティのベルナルド・シウバ(左)と、バイエルンのレバンドフスキ(右)CL優勝候補のキーマン。マンチェスター・シティのベルナルド・シウバ(左)と、バイエルンのレバンドフスキ(右) この記事に関連する写真を見る 攻撃力でバイエルン

西部謙司(サッカーライター)

<優勝予想>
◎バイエルン 
〇マンチェスター・シティ 
▲パリ・サンジェルマン

 3チームがグループステージで全勝。もちろん、これがそのままノックアウトラウンドの保証にはならないが、参考にはなるだろう。

 アヤックスは勝負のシーズンだ。2018-19シーズン以来のベスト4もありそうな勢い。伝統の4-3-3は洗練されていて、アントニーやリサンドロ・マルティネスなど若手が相変わらずすばらしいが、グループステージ得点王のセバスティアン・ハラーは過大評価すべきではない。

 長身、バスケットボールのリバウンド王のような雰囲気。ゴール前で決定的な仕事ができるが、限られた状況で得点できるだけで、万能のゴールゲッターではなく数字に惑わされてはいけない。周囲のサポートあっての選手だ。アヤックスに期待はしたいがダークホースまではいかない。

 リバプールは強力だ。モハメド・サラーの威力は凄まじく、フィルジル・ファン・ダイクの復帰で昨季のセンターバック(CB)不在問題は解決された。ホームでの強さも有利だろう。ただし、相手に引かれた時の得点力という課題は残る。本命にあげてもいいチームだが他に候補がいるので外した。

 全勝チーム中でも最高成績のバイエルンが本命だ。ダビド・アラバの抜けたCBの守備に問題があるものの、それを補って余りある攻撃力。難なくボールを前進させられるので、相手は常に後退しながらの守備になり、そこへ4、5人がボックスへ突っ込んでいく攻め方はどんな相手にも脅威である。

 対抗はマンチェスター・シティ。戦術的には最先端で秩序とカオスのブレンドがすばらしい。総合力は最高だがスーパーなゴールゲッターがおらず、そこがネックになりそう。

 穴はパリ・サンジェルマン。何といってもリオネル・メッシ、キリアン・エムバペ、ネイマールがいるので何もないところから得点できる。守備力も高く、3人を起用する適切なバランスを見つけ出せば可能性はある。