2021.12.04

PSGの攻撃バリエーションは異常なレベル。メッシもネイマールも楽しそうだ

  • 中山淳●取材・文 text by Nakayama Atsushi
  • photo by AFLO

 リーグ・アン第15節、サンテティエンヌ対パリ・サンジェルマン(PSG)。開幕前から大きな期待を集めていた新戦力DFセルヒオ・ラモスが予想以上の長期にわたるリハビリを経て、ようやくPSGデビューを果たした。

 この試合のスタメンは、まさに豪華絢爛。GKジャンルイジ・ドンナルンマ、DFにはアクラフ・ハキミ、セルヒオ・ラモス、マルキーニョス、フアン・ベルナトの4人。マルコ・ヴェラッティ、ジョルジニオ・ワイナルドゥム、アンデル・エレーラが負傷欠場とあり、ダブルボランチはイドリッサ・ゲイェとダニーロ・ペレイラがコンビを組んだ。

 そして前線は、右にアンヘル・ディ・マリア、左にネイマール、トップ下にリオネル・メッシ、1トップにキリアン・エムバペ。トーマス・トゥヘル監督時代、エムバペ、ネイマール、ディ・マリア、マウロ・イカルディの4人は「ファンタスティック4」と呼ばれたが、現在の4人こそが「"リアル"ファンタスティック4」だ。

ピッチで笑顔を見せながら話し合うネイマールとメッシピッチで笑顔を見せながら話し合うネイマールとメッシ この記事に関連する写真を見る  まるでゲームの世界のよう。だが、実際に彼らが織りなすコンビネーションプレーの数々も、まさにゲームそのものだった。

 開始からボールを支配しながら決定機を逸し、相手CKの流れから先制点を献上するあたりは相変わらず。それでも、相手がひとり退場したことも影響し、終わってみれば3−1の逆転勝利を飾るあたりに、目下リーグ・アン首位独走中の余裕を見た。

 とりわけ、自陣に引いて守る相手に対する攻撃バリエーションの多彩さは、ほかのチームでは見ることができない"異常"なレベル。しかも、満を持して復帰したセルヒオ・ラモスまでもがレアル・マドリード時代と同様の攻撃参加を見せるのだから、10人のサンテティエンヌには「ご愁傷様」としか言いようがない。

 次はどこから、どうやって崩すのか......。おそらくマウリシオ・ポチェッティーノ監督さえも予測できないその攻撃を見ていると、ワクワク感で時間の経過を忘れてしまうほど。