2021.08.12

久保建英の第2章。復帰するマジョルカの現状とレアルでプレーするためのシナリオ

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki
  • photo by JMPA

「第2章」

 スペイン・マジョルカの地元一般紙『Ultima Hora』は、そんな見出しで伝えている。

 2021-22シーズン、久保建英(20歳)は再びマジョルカでプレーすることになった。パスを所有するレアル・マドリードからのレンタルで、2年ぶりの在籍となる。"第1章"では35試合出場4得点。2308分の出場は攻撃の中心だっただけに、現地は歓迎ムードだ。

 年俸は200万ユーロ(約2億6000万円)、レンタル料はなし、買取オプションもなし。言ってみれば、マジョルカでの立場は「傭兵」となる。マジョルカを1部に残留させ、レアル・マドリードで活躍する足がかりにする。それが物語のシナリオだ。

 昨シーズン、久保はビジャレアル、ヘタフェで苦難を味わっている。シーズンを通じて31試合に出場したが、3分の2は途中出場で、出場時間は1092分だった。ビジャレアルでは優勝したヨーロッパリーグのグループリーグ突破に貢献し、ヘタフェでは残留を決めるゴールも叩き込んだが......。

 久保がレアル・マドリードに戻るには、改めて実力を示さなければならない。

 レアル・マドリードでは、まず3人のEU外選手枠の問題がある。現時点の外国人枠の選手はヴィニシウス・ジュニオール、エデル・ミリトン、ロドリゴ、ガレス・ベイルの4人。彼らを超えるには、実績が必要だ。

 久保はすでにマジョルカ入りしており、チームのメディカルチェックを終了。8月14日、本拠地ソン・モイスでの開幕節ベティス戦でメンバー入りする可能性も十分にあるという。

「マジョルカ久保物語」――その第2章の行方は?

東京五輪では全6試合に先発。大会後すぐにスペインへ渡った久保建英東京五輪では全6試合に先発。大会後すぐにスペインへ渡った久保建英 この記事に関連する写真を見る 「タケ・クボが来るかもしれないぞ。イマノル(・アルグアシル)監督も気に入っている!」

 レアル・ソシエダの関係者からそんな一報があった時は、これは決まるんじゃないか、という予感があった。レアル・ソシエダはリーグ上位で、ボールありきのプレーを信条とする攻撃型クラブ。久保が化けるのには最適の環境と言える。ただ、実際に交渉はあったようだが、契約には至らなかった。