2021.07.14

日本の五輪3戦目フランスは戦力大幅ダウン。スペインはドリームチームで出場

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki
  • photo by AFP/AFLO

五輪サッカーのライバルたち~欧州編 アメリカ大陸編はこちら>>

 ユーロ2020はあらためて欧州サッカーの実力を世界に知らしめた。プレーの質は極めて高く、戦術的革新もあった。やはり欧州は世界サッカーのど真ん中にある。ワールドカップも最近4大会は欧州勢が優勝。クラブレベルでも、クラブワールドカップの意義が揺らぐほど欧州勢が圧倒している。

 しかし、五輪だけは劣勢だ。

 東京五輪に欧州代表として出場する4チームは、2019年に行なわれた五輪予選を兼ねたU-21欧州選手権で優勝したスペイン、準優勝のドイツ、準決勝に進んだフランス、ルーマニアになる。この大会を勝ち抜いたメンバーとオーバーエイジ(OA)が結集したら強力なチームになるが、4カ国中3カ国はベストメンバーを組めてはいない。五輪はFIFA主催の大会ではないため、クラブが選手派遣を拒否できるからだ。

 日本と同組で、第3戦目で戦うフランスは、ドリームチーム構想が幻に消えた。パリ・サンジェルマンのキリアン・エムバペは年齢的に出場資格を満たしており、大枠のリストに入っていたが、クラブの強硬な反対で招集を断念。「OAでポール・ポグバ(マンチェスター・ユナイテッド)、アントワーヌ・グリーズマン(バルセロナ)、エンゴロ・カンテ(チェルシー)を招集」なども夢物語で終わった。

 さらに、いったん18人のメンバーを発表した後、クラブ側が難色を示したことで、8人もの選手をリストから外すことになった。そのうちのひとり、エドゥアルド・カマヴィンガ(レンヌ)は、ジネディーヌ・ジダン前レアル・マドリード監督が「カゼミーロの後釜に」とほれ込んだMF。もし大会に出場したら、目玉選手になっていただろう。同じくリーグアン(フランス1部リーグ)で優勝したリールのチャンスメーカー、ジョナタン・イコネも選外となった。

オーバーエイジでU-24フランス代表に加わった元フランス代表アンドレ=ピエール・ジニャックオーバーエイジでU-24フランス代表に加わった元フランス代表アンドレ=ピエール・ジニャック この記事に関連する写真を見る  守護神ポール・ベルナルドーニ(アンジェ)、ドイツで奮闘するMFリュカ・トゥサール(ヘルタ・ベルリン)のように所属クラブでレギュラーの座を守る選手もメンバーに入っている。ただ、大半は準レギュラー、あるいは控えといったほうが適切か。例えばパリ・サンジェルマンのDFティモテ・ペンペレは昨シーズン、リーグ戦はわずか6試合の出場にとどまっている。