2021.05.26

ロナウジーニョはコロナで母を失い体調が心配。2002年英雄たちのいま

  • リカルド・セティオン●文 text by Ricardo Setyon
  • 利根川晶子●翻訳 translation by Tonegawa Akiko

あのスーパースターはいま(10)後編
前編を読む>>

 ブラジルで今でも「英雄」とされる2002年日韓W杯の優勝メンバーたち。ロベルト・カルロスも当時のセレソンに欠かせない"顔"のひとりだろう。中国戦ではFKも決めている。

「ガラクティコ(銀河系軍団)」と呼ばれた黄金時代のレアル・マドリードで500試合以上に出場し、2011年にロシアのアンジ・マハチカラで引退。その後、ロシア、トルコ、カタールで監督をした後、2015年にインドのデリー・ディナモスでサッカー選手に戻った。このチームはプレーオフでジーコが率いるチームに敗れている。

 その後、彼が監督業に戻ることはなく、引退後はレアル・マドリード時代の遺産で生活している。2016年からレアルの仕事を始め、まずはチームのイメージアンバサダー、下部組織の監督を務める。現在の彼のレアルでの立ち位置はあまり明確でないが、唯一はっきりしているのはレアルTVのコメンテーター兼アナリストということだ。

 8年前にはブラジルのチームを持っていたが、ある代理人との駆け引きに敗れて裁判沙汰になった。

2002年W杯では華麗なプレーで日本のファンを魅了したロナウジーニphoto by Yamazoe Toshio2002年W杯では華麗なプレーで日本のファンを魅了したロナウジーニphoto by Yamazoe Toshio  現在、ロベルト・カルロスが頭を悩ましているのは家族の問題だ。

 彼がこれまで結婚した女性は2人だけだが、子供を作った女性はあまたいる。その国籍もさまざまだ。2020年には子供の数は10人になった。最初の妻との間に3人、2人目の妻との間に2人、養子1人。その他のブラジル人女性との間に2人、メキシコ人女性との間に1人、ハンガリー人女性との間に1人。よく「サッカーチームを作れるくらいの子供が欲しい」と冗談で言ったりするが、ロベルト・カルロスの場合は本当にあと少しだ。

 ちなみに、9人目の子供が生まれるのと同じタイミングで彼の娘が出産しており、彼はおじいちゃんでもある。

 ただ、その家族関係はあまりうまくいっていないのだ。2018年、彼はブラジルのラジオで、すべての子供と会うのが難しいと告白している。

「子供たちみんなと会えないのは残念だ。なぜなら子供たちの母のうちの何人かは、僕のことをよく思っていない。彼女たちが考えるのは金のことだけだ。僕は彼女たちにも愛情を感じているのに。リオにいる2人の子供の母は、電話をしてくるのは養育費のためだけだ。僕は子供たちすべてに父親としての愛を捧げたいが、それができない。彼女たちは僕のことを単なる金づるとしか思っていない」