2021.04.27

鈴木優磨、ゴール量産の理由を考察する。現地メディアの評価は急上昇

  • 中田徹●取材・文 text by Nakata Toru
  • photo by AFLO

 シント・トロイデンのエースストライカー、鈴木優磨は今シーズン17ゴールをマークした。

 この数字は得点王ランキングで4位タイとなるもの。また、ベルギー1部リーグにおけるクラブレコードタイ記録だった。シント・トロイデンの1部残留に大きく貢献した鈴木は、今季のチーム最優秀選手に選出された。

17ゴールを決めて今オフの移籍が噂される鈴木優磨17ゴールを決めて今オフの移籍が噂される鈴木優磨  鈴木のステップアップは、すでにベルギー内で既定路線になっている。新聞、テレビ、雑誌、ウェブを問わず、「今季が鈴木のシント・トロイデンにおけるラストシーズンになるだろう」というフレーズは、彼のことを書いたり述べたりする際の枕詞になった。

 半年ほど前まで、鈴木を巡る状況は今とだいぶ違っていた。

 第15節を終えた時点で、チームは降格ゾーンに低迷。鈴木もわずか5ゴールと不振にあえいでいた。前任のケビン・マスカット監督が更迭され、しばらく経ったあとの地元紙は鈴木のことをこう批判していた。

「鈴木はこのまま先発にとどまれるのか......。チームで最も出場時間の多い鈴木だが、もうレギュラーの保証はないようだ。彼は毎試合一生懸命だし、チームにとって有益な存在。それでも最近の決定力不足はいただけない。トラップミスやボールロストも目立つ」

 シント・トロイデンと鈴木の状況が好転したのは12月上旬、ピーター・マースが監督に就いてからだ。マース監督はロケレンをベルギーカップで2度優勝させ、2014年には最優秀監督賞を受賞した名伯楽。就任直後のマース監督は、チームの状況を分析してこう語った。

「チームとしてチャンスを作ることはできている。しかし、シュートを決めきれない」

「つまり、決定力の改善が必要ということですね?」という質問に対し、彼は「そのとおり」と答え、ストライカー陣の覚醒を求めた。そして続けた。

「しかし残留争いしている時は、2点、3点取って勝とうとしても駄目。まずはしっかり組織を作ること。そして、ボールがないところでの規律が大事。ただ、戦う気持ちは全員持っているから、メンタルは問題ない」